新しいiPhone SE ワイヤレス充電とeSIM

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
iPhoneSEは、旧型のiPhoneに比べて、いくつかの機能追加や機能強化がなされています。
カメラ機能が強化されて、ポートレートモードが追加されました。
耐水性も強化されました。SUICAも登録できます。
そんな中で、試してみたかった機能が2つあります。
一つは、ワイヤレスで充電機能です。
Lightningケーブルを接続せずに、対応の電源アダプタの上に置くだけで充電ができます。
正直、接続する手間は大したことがないのでケーブルに繋げばよいのですが(笑)、なんとなくどんな感じなのかが興味があって使ってみたかったです。
調べていくと、ケーブルを接続するよりも充電時間がかかるそうです。
充電時間はワイヤレス充電の電源アダプタの出力によるみたいです。出力の大きなものはやっぱりお値段も高いです。

Amazonで調べて、お値段が手軽でワイヤレス充電器Qi認証に通っている、AnkerさんのPowerWave10Padにしました。
iPhoneの場合には7.5W、Androidの場合には10Wの出力だそうです。
お値段も2,000円で手頃です。しかも20%割引+キャッシュレスで5%還元でした。
他にももっと安価な製品もありますが(特にチャイナ系の製品)、個人的にAnkerさんの別の製品を使用していますが、信頼性も高いと思います。
ですので、Ankerさんの製品を選択しました。

使ってみると、iPhoneを乗せると充電が開始されます。
充電時間は、ケーブルを接続する時に比べて遅いです。
また、対応していないスマホを乗せても、インジケーターが対応していない表示に変わるだけで、問題はないみたいです。
注意点としては、あまり厚いケースを付けると、充電できないみたいです。
机の上とかでは、スマホを置く場所って決まっていると思います。そこに電源アダプタを置けば良いので、使い勝手は良いです。
楽チンは楽チンですね。

もう一つ試したかったのがeSIMです。
一般的には、スマホや携帯には、キャリアや格安のSIMカードを入れて使います。
第2世代iPhoneSEは、eSIMのサービスを提供してるキャリアや格安SIMであればSIMカードが無くても使えます。また、通常のnanoSIMも使うことも出来ます。
ですので、第2世代iPhoneSEは、nanoSIMとeSIMで2つのSIMを使った状態、デュアルSIM、2つの接続、2つの通信が使えます。
簡単に言うと、僕は今まで、通話用と通信用のSIMを分けていたので、2台持ちでしたが、この第2世代iPhoneSEだと2つのSIMを使えるので1台で利用することが出来ます。
ただし、eSIMのサービスを提供しているのは、ドコモさんやauさん、ソフトバンクさんのキャリアの除くて、IIJさんや楽天モバイルさんなどだけで、まだ少ないです。

 

僕は、IIJさんのSIMを通信用にしていましたので、それをeSIMにしました。
ただし、契約上はSIMの交換という形ではなくて、新しくeSIMを契約して、以前のSIMを解約する形です。
eSIMの設定ですが、契約するとアクティベーションコードが送られてきて、それを登録します。
画面に表示されたQRコードをiPhoneSEで読み込むと簡単に設定できます。
しかも、SIMが物理的に送られてくるわけではないので、申し込んですぐに使用可能です。
ということで、今までの2台持ちが1台で済むようになりました。
通話はドコモのかけ放題、通信はIIJです。
今のところ、快適です。
また、しばらく様子をみて、使い勝手などレポートしますね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加