中禅寺 立木観音と美しい眺め

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
華厳の滝から中禅寺湖畔を少し走って「中禅寺」さんに行きました。
中禅寺湖はとても大きくて神秘的な湖です。湖畔を走るととても気持ちが良いです。


中禅寺は、参拝させていただいた温泉寺さんと同じで、世界遺産「日光山輪王寺」の別院です。
中禅寺の御本尊は「十一面千手観世音菩薩」様です。国の重要文化財です。
そして、この十一面千手観世音菩薩様ですが、「立木観音」様です。
立木観音とは、文字通りに、生きている木、根のついた状態のままの木に彫られました。現在も根を張っていると言われています。
日光山の開祖である勝道上人が、中禅寺湖の湖上に千手観音の姿を見て、桂の木に立木のまま千手観音像を刻んだそうです。

中禅寺の駐車場に車を止めて拝観料を払って入ります。
朱塗りの立派で風格のある仁王門があります。
仁王様と後ろ側には風神雷神様がおられます。
門を抜けると、とても落ち着いた空気感です。
とても、静かな感じを受けます。
正面に大黒天様を祀った波之利大黒天堂があります。
参拝させていただいてから、本堂に向かいました。
本堂では、お坊様が案内してくださいます。(中は写真NGなので写真はありません。)

本堂には、立木観音様が、圧倒的な存在感でお祀りされています。
そしてどこまでもお優しいです。
すべてを包み込んでくださるような、おおらかで優しい雰囲気です。
ご縁を結ばせてくださいとお願いしました。
不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王の五大明王が安置された五大堂があります。五大堂は御祈祷の道場です。
五大堂から欄干に出て眺める中禅寺湖は、とても美しいです。
曇って夕方だったのですが、少しもやっている感じでとても不思議な雰囲気でした。
きっと、多くの修行僧の方も、苦しい修行の合間に、同じ思いで眺めたのかもしれません。

境内には、愛染明王をお祀りした愛染堂があります。
愛染堂の右手の大きな桂の木は「愛染かつら」です。昭和初期の名作映画「愛染かつら」のロケ地だったそうです。(観たこと無いけど、歌は知っています。)

「身代わり瘤」と言われる大きな瘤を持つ木があります。自分の体の悪いところを触ってから触ると身代わりになってくださるそうです。


本堂の前の燈籠には。「天邪鬼(あまのじゃく)」が必死の形相で燈籠を担いでいます。ちょっと 大変そうです。(笑
中禅寺さんは、とてもエネルギーが柔らかくて、疲れているときに行くととても癒やされます。
すごくお勧めです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加