雀神社に参拝しました 雀神社

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

先日、「道の駅まくらがの里こが」さんに買い物に行く用事がありました。
まくらがの里こがさんは、美味しいパンが売っています。玄米ロールが並ばないと買えないぐらい有名です。
あと大好きな干納豆を購入しに行きます。
この日は少し時間があったので、近くに神社があれば寄ってみたいと思って探してみました。
道の駅まくらがの里こがは茨城県の古河市にあります。少し行くと群馬県とか栃木県です。
群馬県や栃木県って遠いイメージがありますが、僕の住んでいる野田市からも地図でみると案外近いです。
古河市には渡良瀬川が流れていて、渡良瀬遊水地も近いです。
調べてみると、その渡良瀬川の近くに「雀神社」さんという神社がありました。

雀神社、名前が可愛いです。名前の謂れを調べてみると諸説あります。
雀神社付近を昔は「雀が原」と言われていたという説や、「国鎮めの神」のシズメが訛ってスズメになったという説があるそうです。
雀神社は、とても創建が古いです。
御祭神は、大己貴命、少彦名命、事代主命です。
大己貴命様は、大国主命様の別名とも言われています。出雲系の神社さんですね。
清和天皇の貞観元年(859年)に出雲大社から勧請されたとの話が伝わっています。

歴代古河公方家から厚く信仰されたそうです。長禄元年(1457年)に足利成氏(しげうじ)が参拝して「天下泰平国土安穏」を祈願したと伝えられています。
現在の社殿は慶長10年(1605年)に松平康長が造営したものだそうです。
また、本殿後ろの木々にはフクロウがいるそうです。

道の駅まくらがの里こがさんに到着して、パンと干納豆と柿が安かったので購入しました。
その日は、フリーマーケットもやっていました。
お天気が良くて気持ちが良いです。


そのあと、参拝に行ってきました。
まくらがの里こがからは、車で30分ぐらいです。市街地なので少し渋滞してます。
市街地を抜けて、川沿いの静かなところの雀神社さんはあります。
駐車場も広いです。特に線も引いて無くて(笑)どこでも停められる感じでの駐車場です。
何台か車が停まっていました。
車から降りると話し声がしてきます。みると、神社の敷地内にベンチがあってオジサマたちがたくさんいて話してます。近所の人の憩いの場所になっているみたいです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください