麻賀多神社 御神木の大杉

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
麻賀多神社まで、うちからは車で1時間と少しでした。
印旛沼沿いののどかな道を通ってきいきます。
ウォーキングをしている人やサイクリングをしている方が多いです。
水辺で水田があってとてものどかです。
最近、思うことですが、古代に栄えた場所で、今もあまり開発が進んでいないところは、エネルギー的な意味で土地の豊かさを感じます。
古代の人が、その土地を選んで、そこに住んで、文化を育んでいくこと。
神様を祀ったり、神様の降りてくる依代を見つけたりすること。
なのか、古代の人にはそういった自然のエネルギーの強さを感じ取れる能力があったんだと思います。
そして、今の自分達も、そこに気がつけば、また、そういう能力を使うことが出来るんだと思います。

麻賀多神社の漢字ですが、麻がよく取れた地域なので麻の字が使われているそうです。
麻が取れたところ、上総、下総、麻づくりを広めた勝占忌部(かつらのいんべ)、このことはもう少し調べて掘り下げていきたいです。
麻賀多神社はとても歴史の古い神社です。創建は今から千七百年余前(古墳時代ですね)に、印旛国造であった伊都許利命(イツコリノミコト)によって、現在の地に麻賀多神社大神として崇められたそうす。

麻賀多神社は森のなかにあります。
森の脇にある広い駐車場に車を止めていきます。
駐車場には何台か車があって、参拝される方が多いですね。
鳥居をくぐって階段を登っていきます。参道には古い道祖神もお祀りされていました。
社殿は堂々としてとても立派です。御祭神は和久産巣日神です。

麻賀多神社は日月神示で有名なために、どうしてもそちらに目が行ってしまいがちですが、ものすごく立派な杉があります。
御神木の大杉です。東日本で一番の大杉と言われていて、樹齢は千三百有余年だそうです。
こちらの大杉ですが、エネルギーがとても強いです。
お祀りされていて、デッキがあって周囲を回れるようになっています。近くまで行くことが出来ます。
圧倒的なエネルギーです。

ただ、人に対してというよりは、この周辺の豊かな自然、虫や鳥や動物たち、そういう自然を守っています。
地域全体の自然の守り手です。
なので、そういった自然を大切にする気持ち、自分も自然の一部であるという気持ちで参拝するとエネルギーをいただけます。
というか、そういう自然エネルギーを受け取れる状態に同期、同調できるということかもしれないです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加