子供の心

ALOHA!

FB友達の里親の保護活動をなさっている方のお話です
あまりにも感動したので載せます
何回読み返しても涙が出ます

里親の保護活動をなさっていて、手塩にかけたこを里親に出しました
里親に出す場合には、迎え入れるご家族の家族構成や環境、考え方などいくつか考慮しないといけないです
どんなに考慮して気を使っても、迎え入れてからどうなるかってわからないです

お互いに善意でも、こんなはずじゃってことにもなったりします

で、そんな状態になって後のお話です

——–
昨日からずっとメールのやり取りを続けました。木の事や、その他大人の感情を押し付けられてもう無理かなと思ってた矢先、、ダメ元でお家で少しトライしてみてはどうかなとアドバイス、、。うちのようにはできない、、育ち盛りの子供がいるからお金はかけられないからはじまり、内容にドキドキしていました。

そしたら家族会議をしてくださったようで、そこで子供たちの言葉がこれだったそうです。
*******************************
子供達の反応は 予想外でした。「モグは(自分たちになかなか馴れないから)もういい!」と諦めの声が返ってきてもおかしくないと思っていました。
でも子供達は、涙を浮かべて言いました。
下の子は「いやだ!モグは絶対返さない!」
お兄ちゃんは「そんなことしたら、僕らが保健所に またモグを捨てに行くのと同じじゃん! そりゃ、モグはまだ俺らに馴れんけど、もう一回 玄関に入れてみるとか、俺が家で機械を分解しなきゃいいんだろ…?」と。

私は少しの間でしたが、モグを引き取って 子供が今までこんなことを思って モグのことを大切に思っていてくれていたんだと驚き、涙が止まりませんでした。(親バカですみません)
そして、子供達は 「私の部屋を モグの部屋にしてもいいよ!」とか、「リビングのここに モグ専用のソファーを置いてあげたら?」とか、「これからは一緒にテープルでご飯食べようよ!」とか、楽しそうに意見を言い始めたんです。
********************************

子供の意見はすごくシンプルで、かつ何でもいい、どの子でもいいというものではないです。きっとどの子もそうです。素敵な答えが出ました。
子供さんには感謝です。お母さんもそう言っていました。
そして先ほど連絡が入り
*****
久しぶりに前に使っていたゲージを出し、玄関に設置してみました。
外の小屋で うとうとしているモグを起こし 外へ連れ出して 明かりのついている玄関に気付かせると、自分からササッと入って行きました!
側には主人もいました。心配だったのだと思います。でも、お尻を少し震わせながらも、ゲージの中にクッションやお水を置いて用意をしているときは、玄関前で黙ってお座りをして待っていました。
とってもいい子でした。私たちを許してくれているかのようにも見えました。
*****
とのことでした。

シャンプーを積極的にしてあげたいとのことで、誰かやってくださらないかと、、。私が倉敷のセルフのリーマでも家ででも喜んで洗いますとお伝えしました。
どんな些細な心配事でもお伝えくださいと伝えました。
これから、、もし他の保護犬について考える余裕ができればもうこのご家庭は大丈夫だと思います。できるだけそれを伝えて行けたらと思ってます。
子供さんを通し、この度は一つ理解する壁を越えてくださった気がします。
もう少し見守るとともに、まめに連絡を取り合っていきます。
いろいろアドバイス感謝しています。そしてまた是非よきアドバイスを頂けたらと思います。感謝します。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。