雨戸と瓦屋根ありますか

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

インターネットが発達して、個人の情報発信が増えて、SNSであちこちの生の声が聞けるようになって、情報があふれかえる社会になっても地域の知らない話ってたくさんあります。
先日、東北出身の友達と話していると「雨戸ってなんだ?」って言われました。
雨戸は見たこと無いそうです。


ちなみん、雨戸は、窓の外にある風雨を防ぐ戸です。
調べてみると、安土桃山時代に登場したという説があります。
昔は木でしたが、最近はアルミ製のものやシャッター式のもあります。
夜になると閉めます。
外に明かりがもれずに、家の中も見えなくなります。

よくよく考えてみると、今は窓もしっかりしてるので窓だけでも風雨はしのげるかもしれないですね。
また、カーテンを閉めたら明かりはもれないですね。
という感じで、今の時代だと、もしかしたら無くても大丈夫なのかもしれないですね。
それでも、やっぱり今でも台風のときは昼間でも閉めます。
なので、物理的な効果もあると思いますが、なんとなくそれが普通だからついている要素もあると思います。

また、東北地方では、海の近くに行かないと瓦屋根がない地域があるそうです。
僕の住む、千葉県野田市では、昔からの家は瓦屋根が多いです。
今風の家は、スレートとかの建材なのかな。

地域のよって、常識が違うのは面白いですね。
そして、元々は意味のあったものが、時代の変化で形骸化してきても変わらないものもあるということ。
たぶん、情報として見慣れたものが引き継がれたり、美意識として残ったり、何かの象徴なのかもしれないですね。
反面、どんどん変わっていくものもありますね。

みなさんの地域でも、何か他の地域と比べると違うものってありますか?
探ってみると面白いかもしれないですね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加