風邪で熱が出て気がついたこと

ALOHA!
今日も晴れてますね
寒いけど気持ちが良いですね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

先日、原因はわかないですが、たぶん風邪をひいたみたいで(現実的に風邪自体が、実はなんだかよくわかってないことだったりしますが...)熱を出しました
前から、Blogを読んでくださってる人だとご存じの方いるけど、僕は低体温なので、冬は34度台にまで体温が落ちることがあります
もちろん、ほとんどの対処法は試してます!
代謝をあげる努力、筋肉量増やす努力、陰性のものを避けたり、食生活も気を使ってます
だけど、相変わらず低いです(笑
なので、発熱すると、まじで嬉しいです
身体が熱を出すということは、体の中の悪いものを焼き切るために身体が頑張ってくれている「反応」です
だけど、それだけ身体がエネルギーを使っているので、身体がだるいです

なので、可能であれば熱を下げないで、それを応援するように、水分やビタミンやミネラルを補給するのが一番です
薬も飲まないで、何も食べないで、寝ているのが一番だと思います
だけど、残念ながら、忙しい現代社会だと、そうも言ってられなくて、みなさん薬で熱を下げるけど、本当はせっかくの身体の反応を無理して押さえているので、結果として治りは遅くなります
僕は、今回は、最初寒気がひどかったので、体を温めたくて、葛根湯だけ飲みました
あとは、サプリメントを飲みました

今回の発熱ですが、急に出ました
友達の相談事があって、夜に電話で話していたら強烈な寒気に襲われて、気持ち悪くなって
熱を測ってみたら37.7度でした
少し、スピリチュアルな視点で見ます
とてもネガティブなエネルギーの状態でした
なので、エネルギーが休息に失われたのかもしれません
なんて書くと、オカルトチックですが、精神と肉体の関係って、実際はよくわかってないと思います
ただ、体感的には、そんな感触がありました

その後に、38.1度まで上がって、とにかく布団にくるまって寝てました
水分だけは補給しました
翌朝は、一旦36度台まで下がりましたが、相変わらずだるいし、食欲もなかったです
なので、その日は何も食べませんでした
夜には、また38度台まで熱が上がりました
その日は、苦しくて、汚い話(でも大切な)ですが排泄も面倒くさくて、あらためて排泄って行為にはエネルギーが必要なことを理解しました

翌朝には、大分良い感じで、36度台まで熱が下がって、身体も少し楽です
それで、食欲が出たので少し何かを食べようとして、いくつか気が付きました
大好きなコーヒーをそれほど飲みたくはありません(でも飲んじゃったけど:笑)
大好きなバナナ(南国だから陰性なんだよね)は身体を冷やすって理解しました
りんごを煮たものは美味しかったです
パンは身体を冷やすって理解しました
果物も、身体を冷やす傾向にあります
また、身体ではなくて、脳が求めたんだと思いますが、甘いものが欲しくなって、冷蔵庫に残ってた普通のチョコレート(カカオが多くない、ある意味砂糖菓子)を一口食べたら、まじで気持ち悪くなりました

何かを食べたい時って、身体が要求しているときと、脳が(騙して)要求している時があります
身体が要求しているものは、身体が必要としているものなんだと思います
そして、明確に身体に悪いものは拒否をしています
だけど、身体の要求の前に、「甘いものが食べたい」とか脳が要求しているものを、身体の要求と勘違いして食べているんだと思います
だから、身体の要求に従ったものを食べていると(もちろん知識も必要)、絶対に健康になると思います
今回、自分で体感してみて気が付きました

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。