マナカード 2019年8月8日立秋

イベント出展情報

ALOHA!
2019年8月8日は立秋です。
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで。
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

今年は梅雨明けが遅かったので、夏が来たばかりに感じます。
それでも、早いもので暦の上では秋に向かいます。
なにか、体の感覚に頭がついていかな感じです。なので「デュアリティ・双対性」をテーマに引いてみました。

34.
PUA
プア
(花)
前進

プアは「突き出す、花が開く、現れる、(特に煙、風、言葉、色などが)出てくる」という意味です。
プアはパワーが花開くときを表します。
ハワイのことわざに、花は生活状態が良いときに成長するというものあり、ハワイの文学では子供は、しばしば花にたとえられます。
プアは「先に行くこと、花が咲くこと、前進すること」を表して、ハワイ人は花を、インスピレーションを得るための贈り物として用いたり、心をいやすために用います。

物事には、陰と陽、男性性と女性性、光と闇など、2つのものがあって成り立つこともあります。
あるいは、同じものであっても状態が変化しているものもあります。
感覚的なものや、主観的なもの、どこから見るからにより違う景色が見えることもあります。
スピリチュアルの世界では、その2つの世界、あるいは2つの世界あるからゆえの対立を避けるために、ノンデュアリティという言葉、概念が使われていたりもします。

2つの世界の存在は、調和をすることで、限りない美しさや豊かさをもたらします。
反対に、対立をしてしまうと、大きな溝を作ってしまいます。
そしてそれが、大きな傷になるときもあります。
また、複雑に絡み合う中で、善悪や良し悪しでは判断つかない状態。変化をしながら進んでいく状態もあります。
混ざり合う必要のあるもの、混ざり合う必要のないもの。
どういう世界を想像するのか、そして、自分がどういう世界を創造していくのか、ヴィジョンを持つことが大切だと思います。

花はいろいろな状態があります。
種から発芽して、育って、花が咲きます。成長するということは、花そのものを表しているのかもしれません。
花が咲いた時、花自身も、花のある周りも美しい状態です。
そして、人々の心にも喜びや癒しを与えます。

自分自身が見る世界、認知する世界、その先には何があるのでしょうか。
存在するもの、認知の範囲によって見え方が変わります。
そして、存在は、ただそこにあるだけの場合もあります。
自分自身のヴィジョンが、自分の世界を作っていきます。
何を見て、何を感じるか。ご自身の思いをどのように投影するか。
心を静かにして、感じてみましょう。
そして、美しい世界を創造していきましょう。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加