鹿島神宮に行きました 参拝とパワースポット

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

少し間が空きましたが、前回からの続きです。

参道を歩いていくと大きくて重厚な朱色の門があります。
重要文化財に指定されている楼門です。高さ約13mあるそうです。
余談ですが、こういった門の二階部分ってどうなっているのかいつも気になります。
登ってみたいなって。(笑
楼門の手前に手水舎があります。

手を清めて、その門をくぐると右手側にお社が見えてきます。拝殿です。
御祭神は「武甕槌大神(タケミカヅチ)」です。大国主命と話し合って国譲りの交渉を行ないました。
その時に一緒だったのが、香取神宮の御祭神である経津主大神です。
ちなみに、その時に力比べで勝ったのが、先日参拝した西日暮里の諏方神社の御祭神の建御名方命(タケミナカタノミコト)、大国主神の御子神です。
なんか、こんなところで繋がることが興味深いところです。

早速参拝をさせていただきました。
武甕槌大神は、雷神や剣の神でもあるので凛とした空気感です。
こちらの神様は大きなことをお願いすると叶いやすい感じがします。
ですが、武人の神様だけに、本人の努力を怠ってはいけないという強いメッセージも感じます。
お願い事は何でもそうですが、神様も後押しがあっても本人も努力をしないと叶わないことも多いです。

拝殿の後ろには本殿があります。そして、大きなご神木があります。
その本殿の後ろには、立入禁止ですが鏡石というのがあるそうです。
拝殿右側の横の道を入ると本殿やご神木のそばまで行くことができます。
彩色が美しい立派なお社です。
ここはとてもエネルギーが強いです。
ボランティアガイドさんが、神社の由来を説明されていました。
帰りに気がついたからお願いできなかったですが...参道で僕はをお願いできるところがありました。

拝殿で参拝したあとは奥宮を目指します。
鹿島神宮は広大な鎮守の森があります。敷地全部で東京ドーム15個分だそうです。
もともとは大きな内海が広がり、東国開拓の最前線でもあったそうです。
鹿島神宮の周辺にも由来のある場所が多いです。
坂戸神社や沼尾神社など、鹿島神宮と共に香島の天の大神と常陸国風土記に記載があります。

続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加