ビーガンですが!その7

ALOHA!
ベジタリアンについての自分なりの考え方を書きます
7回目です

どんなことでもそうですが、意見は人それぞれ違ってよいことです
自分が絶対に正しいとも、自分の意見がすべてだとも思いません

大切なのは、何か考える人が増えてほしいということです

動物愛護の視点からみたいと思います
このことは、大きな矛盾をはらんでます
自分にとって永久に答えの出ないことかもしれません

生き物を殺さない、殺生をしない、命を大切にするという視点からベジタリアンを選択している人も多いです

ベジミートだよ

同様に、動物愛護の観点から、動物の保護活動をされている人も多いです
すごいエネルギーを使っている方もいて本当に頭がさがります

特に、この国の動物を取り巻く環境は、先進国として遅れています
法律上は「物」として扱われているし
ペットショップの生体販売や殺処分問題など、たくさんの問題があります

そんな中で、保護活動をされている方も多いです
福島で、震災後に行政がほったらかしをしている中で保護活動をされている方たちもいます(行政はもっと支援してほしいと思います)

みなさん、ボランティアです
私財をなげうったり、寄付などでなんとか活動をされています
(一部には助成金をだまし取る悪質な人もいますが、いつか明るみに出ます。でも、評判などは注意する必要があるけど)

みなさん、ぎりぎりです
当然、買えるフードも限られてきます

犬も猫も肉食です、なのでフードも材料にはお肉が入ってます

中には、ベジタリアンメニューもありますが、高価です

また、高齢になって、あまり食べられなくなった時に
なんとか、鹿肉は食べてくれたとかの話もあります

動物の保護活動をすることを考えると
間接的な肉食ということがテーマとして出てきます

自分が、ベジタリアンであっても、動物を守るための保護活動を行うと、間接的な肉食になって、命の選別を行うことになります

なので、本質的な意味での完全な菜食というところからはずれてしまいます
命の選別、選択と言うことは避けて通れないのかもしれません

この矛盾は、とても深いです
原理主義的に考えてしまうと答えは簡単に出ません

もう少し掘り下げてみますね
続きは次回です

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。