過去生 その1

ALOHA!
今日も晴れましたね
風が少し強いから気を付けてね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

昨日はイベントに参加してマナカードを引いてきました
楽しかったです

スピリチャルなイベントに参加すると、いろんなセッションをなされる方がいます
占いをなされる方、カード(タロットやオラクルやマナなど)を使う方、霊能力の方、スピリチャルな能力を使う方、アロマ、カラー、ストーン、DNAアクティベーション、レイキ、シータヒーリング、他にもいろんな施術やセッションがあります
だから、会場を歩くと、非常に興味深いです
みなさん、それぞれ勉強されて、いろんなことを工夫されていると思います
また、とても勉強になります
自分でも、取り入れられるもの、取り入れられないものそれぞれです

刺激を受けてせっかくなので、自分の中でのいろんなスピリチュアルなことのとらえ方を書きます
過去生について書いてみます

過去生ってあるのでしょうか?ないのでしょうか?
宗教で見ると、ヒンドゥー教では輪廻転生の考え方があります
仏教でも輪廻転生の考え方があります
チベット仏教を信仰するブータンでは、輪廻転生の考え方でお墓がないそうです
ただ、原始仏教において、お釈迦様(釈迦は本当は出身部族の名前、本名はガウタマ・シッダールタ)は輪廻を否定したという説もあります
キリスト教では否定されてますが、ユダヤ教では肯定されているので、原始キリスト教には輪廻転生の考え方があったけど、ローマ帝国の時代にコンスタンチヌス帝によって否定されたという説もあります

輪廻転生が、何かファンタジックにとらえる方も多いですが、そんなでもなくてヒンドゥー教では、カースト制度のもとになっていて、アウトオブカーストの不可触民に生まれてくると、それだけでひどい差別を未だに受けるそうです
忌むべき呪縛としての側面もあります
余談ですが、そこに立ち上がったのがビームラーオ・ラームジー・アンベードカル博士です
そして、その後を引き継いだ、僕の心から尊敬する佐々井 秀嶺氏です

なので、個人的には倫理的な意味においても、むやみに過去生の話ってすべきではないと思ってます

続きは次回です

最後まで読んでくださってありがとうございます
mahalo

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます
セッションは、10分1,500円です
もし、心が動いたら、セッション受けてみてください

対面でもLINEやSkypeや電話でも大丈夫です。詳しくはこちらのページです