マナカードリーディング

ALOHA!
今日は曇ったり晴れたりですね
ちょっと暖かいかな

今日も、みなさんが笑顔になれますように

いつもセッションで、マナカードというカードを使っています
ハワイの神話や物語をベースに作られた、とても美しいカードです
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされているキャサリン・ベッカー女史がインスピレーションを得て作りました
カードは全部で44枚があります
ハワイでは4が神聖な数字です

リーディングを覚えた頃は、オラクルカードを使っていましたが、ハワイの神話をもとにしたカードがあるということを知って使い始めました
マナカードは、ハワイの神話を深く知れば知るほど、深い意味がわかってきます
とても、奥深いカードです
僕は、ハワイの神話も学びたかったので、日本にマナカードを紹介したマナカード・アカデミーさんでアドバンスコースまで受講しました

僕自身のリーディングはカードがあってもなくても出来ます
深いリーディングに入る時はカードを使わないので、使い分けている感じです

マナカードは、セッションを組み立てる時にとても役立ちます
また、リーティングする時のエネルギーをセーブすることができます
イベントでは数もこなすので、本当にありがたいです
最初にリーディングの主題(テーマ)にあわせてカードを引きます
主題の作り方は、質問の力については、また別途書きますね

カードもいろんな引き方(スプレッド)があります
マナカードリーダーそれぞれで、得意なスプレッドはそれぞれあると思います
僕は、3枚で引くザ・カーヒコル・ノホイー・スプレッドとか、恋愛の時は、パパ・アンド・ワケア・スプレッドとか、1枚引きのククイ・ドローをよく使います
イベントのセッションでは時間があんまりないから、ククイ・ドローが一番多いです

セッションでは、出てきたカードの意味を説明します
その後に、なぜクライアントさんが、このカードを引いたのかを説明していきます
深いリーディングの時や、実際に課題を抱えていて、カウンセリングが主の時は、その先にある、もっと違う主題に対してのリーディングを行っていきます
その時は、スピリチャルな能力と、コーチングやカウンセリングのメソッドを組み合わせています

で、よく、がっかりされることがあります(笑
リーディングで話したことって、ほとんど覚えていません...
「あんなに良いこと言ってくれたのに覚えてないんですか?」って
リーディングは感じ取ったことや、入ってきたその人に必要なメッセージを伝えているだけです
自分で話しているわけではないです
なので、全然覚えてません...
見逃してね(笑

みんなが、笑顔になってくれたりするリーディングが本当に大好きです
良かったらセッションを受けに来てね!

最後まで読んでくださってありがとうございます
mahalo

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます
セッションは、10分1,500円です
もし、心が動いたら、セッション受けてみてください

対面でもLINEやSkypeや電話でも大丈夫です。詳しくはこちらのページです