Facebookの警告と言論弾圧

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

言論弾圧って、物騒な言葉だと思います。
あまり、使いたい言葉でもないし。
多くの人にとっては、リアリティも感じないと思います。
僕はこうやって書いたとしても、大げさだと感じたり、共感を得ないかもしれないです。
ですが、近くまで迫ってきていることを感じているので書いてます。

僕はFacebookを多用してます。
いろんなことを書いているし、いろんな人とつながってます。
先日、警告が来ました。発言内容についてです。
心当たりはないので戸惑いました。
政治家に対して、何かを書くことはあります。
それでも、政策や行動に対してです。人格に対しては触れないように気をつけています。
それで、言われている発言内容を確認すると。知人の発言をシェアした内容です。
昔は、新聞の4コマ漫画で政治家を揶揄した絵がありましたが、個人的にはそのレベルだと思えます。
ですが、それが引っかかったようです。

これは、実際の話しでですが、最近、FacebookやTwitterで政治的なことを書いている方のアカウント停止が多いです。
少し前は、Facebook上でのインフルエンサー的な発言力のある方がターゲットになりましたが、最近は、そんなに発言力も無い方でもターゲットになります。
その割に、隣国への正真正銘のヘイト発言をされている方は、全然放置されます。
また、現政権が他の政党の方への酷い発言は容認されます。
言葉の定義は、主観で決められる要素があります。
大勢が圧力をかけていくと、簡単にその方向に流れます。
現政権だけではなくて、過去の政権も批判されてきました。健全な民主主義の現れです。
万人を満足させられる政権は無いです。
なので、政治家という、人の上に立つ方々にとっては、ついてまわることだと思います。

今回、お伝えしたいことは、こういうことが(あまり発言力のない)僕レベルまで降りてきているのは危険だと言うことです。
タブがー増えると、人はそのことを避けようとします。
そして、口をつぐむ人が増えます。
そうすると、ますます、極端な方向の発言だけが増えていき、気がつくと当たり前になって、みんな巻き込まれていきます。
自分は無関心であっても、天災や事故と同じで、必ず巻き込まれてしまいます。
僕自身は、自分の良心に従います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加