エナジーバンパイアと対処

ALOHA!
今日は晴れてますね
きれいな冬の空ですね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

ネガティブな話なので、書いていてもネガティブになるので、読んでいてもネガティブになるかもしれないし、話の性格上、判断が入るので若干上目線になるかもしれないですが、ご容赦下さい
エナジーパンパイアって、スピリチュアルな世界では比較的よく使う言葉ですが、人のエネルギーを吸い取る人のことです
たぶん、あちこちにいるし、気がついてない人もいるかもしれないけど、近くにいるかもいしれません
どういうタイプの人かというと、人の悪口や、愚痴、ひたすら自分の話を聞いてほしいなど、ネガティブなことばかり言ったりして、人を嫌な気持ちにさせます
人の気を自分に引きつけようとします
そして、自分の埋まらない何かを、人のエネルギーで補給しようとします
人のエネルギーを吸い取る人です
なので、相手をするとすごく疲れる存在です

もちろん、世の中のみんなそれぞれ大なり小なり悩みがあるし、時には愚痴ることや人の悪口を言うこともあると思います
ただ、その傾向が強くて、習慣性や常習性があったりする人を、エナジーパンパイアと定義します
だけど、自分自身も深い何かにとらわれてしまったら、気が付かないうちにエナジーバンパイアになってしまうかもしれないです(自分がならないようにすることについては、また、違う時に書きますね)

日常生活でエナジーパンパイアの人がいたらどのように接したらよいでしょうか
上手にかわせれば、それのほうがスマートですが、ネガティブなエネルギーが強いと、引き込まれてしまうことも多いです
悪口に自分も染まってしまったり、愚痴に慣れてしまって、自分自身のエネルギーも低い位置になってしまいます
だから、距離を取ることが必要かもしれません
距離を取ることは、自分を守るためには時には必要だし、相手にとっても必要な場合があります

リーディングやカウンセリングをしていると、エナジーパンパイアの方がセッションを受けてくださったりします
ヒーラーは、ある意味、エナジーパンパイアへのケアをすることも必要な役割です
だけど、気をつけないと、やっぱりエネルギーを吸い取られます
セッションをしていて気づくエナジーパンパイアの特徴ですが、何かの問題を解決する気がありません
というより、解決してしまうと困るんだと思います
何かの主題で話していて、それに対して、何かをお伝えしても、決して聞いてません
聞かないための言い訳を用意していて、話をすり替えていきます
なので、なんの話をしているかわからなくなります
言い方を変えると、悩み事や話の主題が全然つかめなくなって、延々と、無駄なエネルギーのやり取りになります
そして、そのなかでエネルギーを吸い取られていきます

なので、悩みを聞いて解決を手助けするという本来のスタンスでいると、とらえどころが無くなってしまいます
もともと自分で解決に至るというのは、望んでいないことです
望んでいないことを手助けするということは、もともとできません
なので、ご本人が口にしたことと、感じ取ったことが違う場合には、感じ取ったことを軸にするほうが理にかなってます
もし、信頼関係が作れている場合で、リスクを取れる場合には、相手にはっきりと解決したくないことを話しているって伝えて、セッションの継続を問うことも必要だと思います
コーチングで言う中断のスキルという手法です

もともとリーディングやカウンセリングは、エネルギーを循環させます
自分からは余計には持ち出さないので、必要以上には疲労しないですが、エナジーバンパイアの場合には極端に消耗するので、終わるとぐったりです
だけど、自分自身もそれに耐えうるようなエネルギーコントロールを覚える必要もあります
最近は、自分で言うのも何ですが、リーディングやカウンセリングのスキルも上がってきているのか、そういうクライアントさんも増えてます
だから、もっと対応できるように精進して行きます

最後まで読んでくださってありがとうございます
mahalo

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます
セッションは、10分1,500円です
もし、心が動いたら、セッション受けてみてください

対面でもLINEやSkypeや電話でも大丈夫です。詳しくはこちらのページです