佐々井 秀嶺師の講演に行ってきました

ALOHA!

佐々井 秀嶺師の講演に行ってきました
大正大学にて評論家の宮崎哲弥氏との公開対談です

WP_20150705_16_08_33_Pro
WP_20150705_13_21_49_Pro

佐々井 秀嶺師はインド仏教界の最高指導者です
多くの日本人は、そのことを知らないと思います
僕は心から尊敬しています

佐々井師が、いままでなされてきたことは、とても語りつくせないので、興味のある方は、ぜひ本を読んでみください!波乱万丈でちょっとした小説より面白いですよ

ご本人の書かれたものや、ライターの方が取材して書かれたものがあります
個人的には、下記の本がお勧めです

『必生 闘う仏教』集英社新書、高山龍智編
『男一代菩薩道』小林三旅
『破天』山際素男

インドは、他宗教の国で、ヒンドゥー教徒の勢力が強いです
輪廻の考え方があるために、いわゆるカーストの考え方が(憲法上は廃止されても)残っています(生まれつきは前世の行いのせい)

不可触賤民(カースト未満の身分)の人々に対しての差別の問題がいまだにあります
人として扱われずに、虐げられてる人がいて、そのために、人としての最低限の尊厳すらなくしている人がいます
そんな人たちを仏教へと改宗させることにより、カーストの呪縛から解放して、自分のアイデンティティを回復させる運動をしています

この運動は、不可触賤民出身で、血の出るような苦労をして法務大臣にまで登りつめ、インド憲法の草案作成者のアンベードカル師が始めた運動です
アンベードカル師は、この運動を始めて、一年で他界されました

『ブッダとそのダンマ』B.R.アンベードカル、山際 素男
ある意味、とても現実的な仏教の考え方です。お薦めです

そして、時を得て、本当に不思議な話なのですが、アンベードカル師の霊(?)に導かれて佐々井 秀嶺師が、この運動を引き継いでいます

佐々井師は、日本にいたときもご自身の煩悩や生きることに悩んで、何度も死のうとしたり、何度も野山をさまよったり、人からもなかなか理解されなかったり、学歴がなくて差別されたり、そんな道を歩かれてました

そして、流れ流れインドにやってきました

底辺の住む人の街で、最初は、頭のおかしい坊さん扱いから、だんだんと人の心をとらえていきました
そして、未だに、不可触賤民の方と、一緒に同じような生活を共にしてます

また、宗教的な対立=政治的な対立があるので、未だにいろんな手段で圧力を受けてます。そのために、仏教徒を守るために日々闘ってます

主催された方々の中の、高山龍智氏の提案で、ジャイ・ビーム(アンベードカル万歳)の言葉でお迎えしました
一回やってみたかったので、感激です

昨日は、日本の凋の危機に対しての話をされました
佐々井師は、もうご高齢(80歳)ですが、東日本大震災の後に、日本に来られて、東北を回って各地で祈って、人々の話を聞いてます

希望を失った人に、「とにかく生きろ、生きるんだ」ってとても強い言葉を伝えてます

聞いていて涙が出ました。心の奥に届きます

日本の仏教界は、自分のお寺を守ることをしているが、なぜに団結して国の危機に人を救おうとしないのか
ということを話して回って、嫌われてます(笑
勉強や足元のことばかりではなく、人を救うのが仏の道だと説いてます
野におりて、人とともに歩むこと

大乗仏教(難しいのでざっくりと、自分が幸せになるのではなくて、周りを幸せにする考え方)の考えかた
菩薩の道
大乗仏教中観派の祖の龍樹菩薩のお話をされてました

物をもつと、物にとらわれてしまうという、「空」や「識」という仏教の考え方や、四苦八苦のお話

どんなものでも、絶対的にずっと正しいということは無い
それがたとえ仏教であっても
固定した考え方は、「識」になってしまう
という言葉が印象的でした

対談された宮崎哲弥氏は本当に頭が良い方でした
仏教にも相当な造詣があって、いろんな話をかみ砕いて伝えたり
佐々井師からも、言葉を引き出す質問をしたり(その通りにはいかないですが:笑)
みんなが知らなそうなことは、説明を挟んだり
とても、わかりやすい進行でした

対談が終わった後に、佐々井師とお話しできる時間がありました
握手をして、写真を一緒にとっていただきまきました!!
感激です

自分の名前を言って、千葉県から来ましたって言ったら
笑顔で南総里見八犬伝かって言われました(笑

若人よ頑張れって言っていただきました
そんなに若くもないけど(笑)がんばります
エネルギーをいただきました
菩薩にはなれないけど、出来ることをしていきます

たくさんの人が来ていて、小さい子もいて
その子達にに向けている、笑顔が本当にやさしくて素敵でした

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

“佐々井 秀嶺師の講演に行ってきました” への2件の返信

  1. こんにちわ。
    素晴らしぃですね。

    感動しました。

    ぁりがとぅござぃました。
    若者=p(*^-^*)q がんばっ♪
    ですね。✿˘︶˘✿ ).。.:* ♬*゜

  2. 竹井真奈奈さん、ALOHA!ありがとう
    本当に素晴らしかったです
    インドに行かないとお会いできないと思っていたから...感激です
    うん、若者頑張らないとね!気持ちだけでもね(笑
    いつもありがとう

コメントは受け付けていません。