東京国立博物館のマジカル・アジア展と呪いのわら人形

ALOHA!
今日も晴れてますね
気持ちが良いですね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

東京国立博物館 東洋館で行われている「博物館でアジアの旅 マジカル・アジア」を見てきました
ホームページのコピーより
「アジア各地の吉祥、魔除け、呪いなど、目に見えない不思議なパワーにまつわる作品を紹介します。」
と言う、なんだか「ムー」なテイスト満載の胸躍るタイトルです(笑

出展作品も、呪咀人形(銀杏の樹に打ち付けられていた呪いのわら人形。強い恨みの念が感じられます:ホームページのコピーより)や妖怪キョンシーと戦うときの道具や、実物のミイラなど、いい感じにオカルト心をくすぐります!!
しかも、フラッシュNGと作品によってはNGですが、基本は、写真撮影OKです!

昨日は、台風一過の気持ち良い天気の中に、上野公園に行きました
このイベントは、友達に誘われたから、予備知識無しで、ホームページも見ないでいきました
なので、サプライズ感もあって楽しさも更にです!
さらに、なんとなんと、昨日は常設展が無料の日!
ただで、見れました
なんというラッキー!!

で、作品ですが、すごいですね
仏像関係もたくさんあります
中国や韓国、西アジアのもの、時代もそれぞれです
だから、雰囲気も、仏像のお顔の系統、表現、仏様自体の性格もそれぞれです
大感激です
チベット密教もあるし、ヒンドゥー教の神様の像や密教で混じり合ったものあります
西アジアの、東洋と西洋が混ざったもの、天使の像もあります

例えば、天使の像やモチーフは、そうやって、西洋から東洋へ、形を変えて伝わっていると思います
ガルーダや天使との関連など
いろんな伝承や、信仰が混じって、ポジションやキャラクターが設定されて、信仰としての形が出来てきたような感じを受けました
天使だけじゃないけど、文化や信仰や民族の交流
なんだか、リアリティを感じました

それで、スピリチュアル的に、ちょっと拾ってきました
展示されてるものの収集経路って、きっとエグいのあると思います
例えば、墓所から、引き剥がされたレリーフ
仏像の顔だけ
納められていたであろう像など
きっと、盗掘や略奪、ブラックマーケットに出て、表面化したものもあると思います

なので、本来だったら、そこから動かしては行けないものもあったと思います
そんな、エネルギーをたくさん感じてきました
呪詛がかけられているもの
何かを封じるための、何かがなされているもの
動かされてしまって、役割を果たせなくはなってますが、効力が生きているもの
なんだか、エグかったです
宗教的なものは、他の宗教から見たら下手したら忌むべきものだし、美術品的な価値もあるし、政治的な背景もあるから、複雑な運命をたどるものもあります
ただ、墓から引っ剥がすなよ...それやばいからさ(笑

あと、アジアの展実物に混じって、なんと、上野公園に発見された「藁人形!!」
明治10年(1877)に銀杏の樹に打ち付けられていた強い恨みの念が感じる藁人形...
これを展示しちゃう感性大好きです(笑
ちょっと霊的に見てみたけど、1877年だから、もう呪詛自体は薄れちゃって、問題はなかったです
だけど、たしかに強い念をかけられたことは確かですね
実物のミイラもあって、なんだかすごい展示です

2017年10月15日までやっているので、良かったら行ってみて下さい
すごい楽しいです

最後まで読んでくださってありがとうございます
mahalo

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます
セッションは、10分1,500円です
もし、心が動いたら、セッション受けてみてください

対面でもLINEやSkypeや電話でも大丈夫です。詳しくはこちらのページです