帯状疱疹

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

先日、朝起きたら、身体のアチコチがなんとなくピリピリしました。
前の日に思いものを動かしたので、筋肉痛なのかと思って気にしなかったですが、なんか違和感がありました。
軽い痛みというか、違和感なのですが、痛みの種類が少し違う感じです。
夜になったら、かゆいような痛いようなところがあって、みたらぶつぶつが出来ていました。
よくみると、帯状に続いています。
Tシャツが触れると、少し痒いのと痛いのが同時に感じる感じです。

インターネットで調べてみると、帯状疱疹かもと思いました。
なので、翌日にお医者さんに行ってみました。
近所のイオンの中には、行きつけの内科と皮膚科をやっているお医者さん入っているのでちょうどよいです。
いつも混んでますが、その日は、外まで人がたくさんいます。
よく見ると、蜜にならないように、待合室のベンチに密着して座らないように間隔を開けているので、外まで人が出ていました。

受付をして、2時間ぐらい待ちました。
お医者さんには、帯状疱疹と言われました。
帯状疱疹の冊子と、抗ウイルスの薬と、痛み止めと、ビタミンの薬をいただきました。
冊子があるということは、多くの人がかかるんだと思います。
読んでみると、注意する点が多いです。

帯状疱疹って、母親やおばさん達がなった病気なので、もっと高齢になってからかかる病気だと思っていましたが、50代ぐらいから増えるそうです。
調べてみると、人によっては、もっと早く30代や40代で発症する人もいるそうです。
原因は、水疱瘡です。子供の時にかかった人も多いと思います。
水疱瘡は、治ってもウィルスがいなくなるわけじゃなくて、身体の中に神経節(背骨近くにある神経細胞のかたまり)というところに潜伏するそうです。
そこで、免疫力が下がるのを虎視眈々と狙っていて、免疫力が下がると活動するそうです。
症状がひどくなると、痛みだけがずっと続く場合もあるので、ちゃんとした治療が必要だそうです。

帯状疱疹になってみて、ウィルスのことも調べてみました。
ウィルスは、生命の最小単位である細胞や細胞膜をもちません。ですので、他生物の細胞を利用して自己を複製させます。
言い換えると、自分増殖できません。ですが、遺伝子を持ちます。
今は、多くの人の意識がいっているコロナウィルスもウィルスです。
遺伝情報は持つけれども自己増殖は出来ない。生物と非生物なのかよくわからない不思議な特徴をもつ存在です。
人類は、そういう存在と闘ったり共存してきています。

打ち勝つには、自分の免疫力を高めるしか無いと思います。薬はそれを補ったり、症状に対しての緩和はしてくれますが、根本は自分自身だと思います。
僕自身は、おそらく仕事のストレスが引き金で、免疫力が弱ったのかもしれません。
運動や食生活を気をつけていても、免疫力が下がるのは、正直、ちょっとショックですが、見直していくしか無いですね。
自分の身体と心のケアはとても大切ですね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加