温泉神社と九尾の狐 温泉神社と殺生石

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように

前回からの続きです。
殺生石から向かうと温泉神社へは本殿の横から入る感じです。
温泉神社は山を上ったところにあるので、鳥居から入る場合には下から上がってくる感じになります。
温泉神社と書いて「ゆぜんじんじゃ」と読みます。
もちろん僕も読めませんでした。(笑
御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)です。
商売繁昌、家内安全、病気平癒、身体健全、縁結び、必勝祈願に御利益があるそうです。

「平家物語」で有名な「那須余一」も温泉神社と深いつながりがあります。
那須余一は屋島の戦いで扇の的を射で名声を得ます。
屋島の戦いのときに『南無八幡大菩薩、別しては吾が国の神明、日光権現宇都宮、那須温泉大明神、願わくはあの扇の真中射させてたばえ給え・・・』と祈ったと伝えられています。
神恩への感謝として大社殿を寄進したと伝えられています。

境内に入ると、ボランティアガイドの方が神社の由来などをお話されていました。
少しだけお話を聞いて参拝しました。
たくさんの方が参拝されて賑わっています。
緑が豊かで、自然のエネルギーも濃いです。

今回もあんまり下調べしないで参拝しました。
穏やかなエネルギーですが、やっぱり山の神様なのでキリッとした強いエネルギーも感じます。
なにか大きなものを抑えている感じも受けました。(理由はあとで分かりました。)
ここは、大地とつながったエネルギーです。文字通りに地中から湧き出るエネルギーを感じることが出来ます。ボルテックスかもしれないです。
ここに来たら参拝をしてお願いをすることももちろんですが、大地とつながることをイメージしてみてください。
自分自身が自然の一部であることを、大地とつながっていることを思い出して見ください。
大地とつながって、自分の中のネガティブなエネルギーを大地に流して、大地から湧き出る強いエネルギーを身体に取り入れることをイメージしてみてください。
エネルギーをチャージすることができると思います。

来た道を戻るときに本殿の脇に、末社摂社でお稲荷さんがあることに気が付きました。九尾の狐をお祀りしているみたいです。
ここ、ものすごくエネルギーが強いです。強烈です。
大きなものを抑えている感じがしたのはここでした。
今回は心構えができてなかったので、あえて参拝はしませんでした。
参拝すると負けてしまう感じがしました。
今度、強い気持ちでうかがったときに参拝したいと思います。
それだけエネルギーが強かったです。
湯泉神社、ぜひ行ってみてください。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。