くわえタバコと被害意識加害意識

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

僕の住んでいる野田市は、郊外なので、まだまだ田舎です。
駅降りても、ミニストップしかありません。
もし、仕事などで来られる方が、早めに来てどこかでお茶しようとか思っても、途方に暮れる場所です。(笑
周りは、ほとんどキッコーマンの工場です。野田市駅がもともとは、お醤油を運ぶための貨物駅だった成り立ちのためです。

そんな、駅前でタバコを吸う場所がないからかもしれないですが、駅から歩いて帰るときに、くわえタバコの方に、結構遭遇します。(僕は駅までは歩いてます。)
自分が風下で煙が来ると、苦しくなるし、正直、不快に感じています。
自分の中では、やめてほしい迷惑行為の上位です。

僕も喫煙者でした。若い頃はヘビースモーカーだったので、それで迷惑に感じること自体が、「あんたに言われたくない」系のことかもしれないですが...(笑)
自分も喫煙者だからわかりますが、吸っている方は、周りが不快に感じているってことが、ぜんぜんわかりません。
野田市も「野田市環境美化条例」が制定されているので、外での喫煙は禁止です。それでも、取締が強いわけではないです。
今は、吸えるところが少ないです。会社でも吸えなくて、家でも吸えないのかもしれません。
タバコを吸う方からしたら、喫煙場所が無いことで、ある意味、被害者意識を持っているのかもしれません。
ましてや、自分のやっている行為が、他者に対しての迷惑なことであることに、気が付かなければ加害者意識って持たないと思います。
だから、外で、道での喫煙が、残されたフロンティアと思っているのかもしれないです。


同じ感じですが、、迷惑という意識より、とても不思議な現象として感じていることがあります。
これからの時期は、冬の風物詩!電車に乗ると、かなりの数のマスクの人に出会います。
マスクも、風邪やインフルエンザには効かないとか諸説あったりしますが、風邪予防のアイテムとして、僕自身も愛用しています。
だけど、どういうわけか、豪快に咳や大きなくしゃみをする人って、マスクをしていません。
例えば、マスクの準備がなくて、急にくしゃみや咳が出てしまって、困ることもあります。
そういうときって、どこか申し訳ない感じで、なるべく飛ばさないように意識したりしますが、そんなレベルじゃなくて...完全に豪快にオープンに咳やくしゃみをする方のことです。
その方が、風邪ひきであるかはわからないですが、くしゃみや咳で、いろんなものを飛ばしていることは確かです。


なんだか、風邪やインフルエンザの保菌者が、まったく意識しないで撒き散らして、意識をする側が予防のために、マスクをしていて、電車の中がマスクだらけって感じの図式になっていると思います。
そういう方も、自分が、周りに迷惑をかけているという意識がなくて、自分が風邪を引いてしまったという意識だけなのかもしれません。

人って、自分が置かれた環境で、被害者意識を持つことがあります。
だけど、そのことを突き詰めると、周りを巻き込んでしまう可能性があるという加害者意識を持つことが希薄かもしれません。
これからの時期、未だに、インフルエンザにかかっていても、出社しようとしたり、出社させようとする人や、そういう文化の会社さんもあります。
人は、自分の周りの閉じた環境を中心に生きているので、仕方ないのかもしれないですが、広い世界に意識を向けることで、視野が広がって、ちょっと大きな言い方をすると、そこから人生が変わることもあります。
なので、広い世界に意識を向けることが大切だと思います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加