悩み スピリチュアルとヒエラルキーとブランディング

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
だけど、イベントに出てみて衝撃だったのは、イベントに来る人は悩みを相談したくて来る人だけじゃないということです。
いろんな目的で訪れる人がいるということを知りました。
会場にはいろんな施術をされる方がいます。多様な施術があって、多様な要求にそれぞれ答えています。考えてみると当たり前のことです。
自分の思い込みって怖いです。
また、実際にやってみて初めて学べることが多いです。

占い的なことを聞かれたり、特に聞きたいことがあるわけじゃないけど今の状態を聞かれたり、中には適当に見て(笑)というリクエストを頂戴することもあります。
話の流れてカウンセリングに持っていける場合には持っていきます。
出来る範囲でリクエストにそった形でお答えしようと思っています。
マナカードは占い的なことももちろん出来ます。
カードなのでそちらも得意分野ですす、そういう使い方をされている方も多いです。
だけど、僕自身はそういうふうには、あまり使っていないです。

自分の施術はカウンセリングが軸です。
カウンセリングを行うために、自分のスピリチュアルな能力やマナカードを使っています。
だけど、それをどうやって伝えていくかはとても難しく感じます。
先程も書きましたが、会場にはたくさんの施術の方がいます。
カードを使っている施術者も多いです。
マナ・カードをメインにすると、カード占い的なニュアンスを期待してくるお客様も多いです。
自分の感覚ではなくて、お客様の感覚でどう見えているかを考えることが大切です。

はじめたころは、直感で選ばれるかなって勝手に思ってましたが、それはある意味、直感を積極的に使うことに慣れている人だけです。
自分のものさしで見ていただけです。少し傲慢な考えだったと反省しました。
そうじゃない人がほとんどだし、ましてや、悩みを抱えているとさらに直感を受け取れない人も多いです。
なので、自分が何をやっているのかを届ける言葉をきちんと考えないと行けないと思っています。
ということで、お客様とのコミュニケーションのツールの重要性を感じています。

続きは次回です。少しマーケティングの話をします。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。