ふくはうちおにもうち

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

今日は節分です。
先日、読み聞かせで読んだ節分にちなんだ本が面白かったので、その話を書きます。
何度かこのブログでも書いていますが、僕は読み聞かせのボランティアをさせていただいています。
近くの小学校(自分が通っていたところでは無いけど)に、時々うかがっています。
読み聞かせのボランティアは、ほとんどがその小学校に通うお母さんや、卒業生のお母さんです。
僕は子どももいないし(というかバツ2独身)男性なのでちょっと異色です。
それでも、バザーでウクレレを弾かせていただいたり、みなさんとても良くしてくださいます。本当に助かってます。
毎回、思いますが子供のエネルギーってすごいですね。

先日は2年生が担当だったのと、もうすぐ節分なので、絵の面白かった「ふくはうちおにもうち」という本を読みました。
超ダイジェストなあらすじ(ネタバレ注意ですね!)ですが、
貧しいけど一生懸命に働く家族がいました。
節分の夜にお父さんが外を見ると、震えいている鬼がいたので、かわいそうに思って家に入れてささやかなごちそうとお酒を飲ませました(鬼は遠慮がちです)。
酔っ払ってどんちゃん騒ぎで踊っていたら、お母さんや子どもが帰ってきました。
そこに、福の神がやってきましたが、鬼を見て帰ろうとしました。
お母さんが、福の神を、ほぼ「腕づく」帰さないようにし、お酒を飲ませたら福の神が酔っ払って鬼と喧嘩になって、福の神が捨て台詞をはいて、打ち出の小槌を落としていってその家族が豊かになりました。というストーリです。

鬼については諸説あります。
一つには国譲り神話のときに、追い出された土着の民族という説があります。
歴史は勝ったり征服した民族の立場で書かれます。正義と悪の戦いでは無いです。
そして追われたほうは、悪く記されたり、とても卑しい表記をされたりします。
それは、どの民族問わず行われていると思います。
そういう民族の話と仏教思想的な鬼や祖霊信仰的な鬼神が結びついて鬼の概念があると思います。
なので、「鬼は内!福は内!」と掛け声をかける地域もあります。

節分、豆まきをするご家庭も、恵方巻きを食べるご家庭もあると思います。
鬼も福の神もハッピーが良いですね。
みなさまのお家にも、たくさんの福が来ますように!
豊かさや福の後ろ側にあること。
みんながハッピーな世の中になりますように。

追記
先日市内で起きた事件(どこで起きても痛ましいです。)なおさら心が痛みます。
大人として、なにか出来なかったのかって思います。
亡くなられた子のご冥福を心から祈ります。そして再発防止の制度設計(地域や市民を巻き込んで良いと思います。)と環境整備と教育の徹底を強く望みます。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

LINE@です。気軽に登録してください!
友だち追加
時々、いろんな情報を流していきます。(割引クーポンもあるかも)