自己責任

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

ブログを読んでくださり本当にありがとうございます。
僕自身が、世の中を生きることに息苦しさを感じることが多いです。
そういう人って多いかなって思って、ほんの少しでも生きることが楽になったら良いなって思いで、その時その時感じたことを書いています。
自然のこと、スピリチュアルとなこと、日常のこと、大好きなハワイのこと、マナカードのメッセージ。
スピリチュアルなことは、僕の中では現実社会と地続きです。
3次元で起きていることは、3次元で対応しないといけないことも多いです。
今日は、あんまりは普段は書かないけど、少し時事問題なことを今日は書いてみます。
ちょっとシリアスで重いです。

ジャーナリストの安田純平が開放されました。無事に開放されてよかったです。
いろんな人がいろんなことを言っています。
僕がそのことをどう思うかではなくて、ちょっといろいろ感じたことを書いてみます。
この事件に対して、批判していている人も多いです。
擁護している人も多いです。
議論のレベルも理性的に分析して書いている人から、単に感情論で書いている人もいます。

その中で、自己責任という言葉がまたクローズアップされています。
自己責任の言葉の中に、共同体への迷惑をかけたというトーンが感じられます。
個人と共同体って、それぞれの価値観や考え方で位置づけが変わると思います。
あるいは、その人の生きてきたポジションでも変わると思います。

僕らの生きるこの社会では、悲しいことですが、毎年多くの自殺者が出ています。
都市部に生活していると、よく人身事故で電車が遅れます。
それぞれ止むに止まれぬ事情のあることだと思います。
どうしようもなくて追い詰められての行動だと思います。
だけど、その事情や心情にシンパシーを感じるより、電車が遅れたことに対しての苛立ちのほうが大きかったりします。
それだけ、ある意味日常化して、鈍くなっているのだと思います。
自分自身が遅れてなにか言われることを怖れたり、会社(共同体)に迷惑をかけることを怖れたり。
ある意味、これってみんなそれぞれ追い詰められていることの連鎖だと思います。
だけど、慣れてしまっているからわからないのかもしれません。

批判している人で、社会的に成功している人も多いです。
きっと、今まで本当に努力して今のポジションまで来たんだと思います。
あまり人を頼らないで、自分の力で生きてきた人。
とても立派な人達です。反面、一部の人ですが、社会的に強い立場の人の中には、社会的に弱い立場の人を無意識に嫌っていたり、どこか怠けているって感じている人もいると感じてます。
だけど、それは、立場が変わると、人間みんなそうなるのかもしれないです。
社会的の弱い立場の人も、より弱い人に対して同じような感覚を持っていたりもします。

だけど、当たり前過ぎて気が付かないのかもしれないですが、共同体全体を引きずり込むような影響を与えるのは政治や経済です。
だから、視点を弱いものではなくて強いものに向けて、お互いに潰し合うのではなくて、良い方向を向く社会になってほしいです。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

LINE@です。気軽に登録してください!
友だち追加
時々、いろんな情報を流していきます。(割引クーポンもあるかも)