叱られる時と心の捉え方

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

学校や社会に出て、怒られたり叱られた経験を持つ人は多いと思います。
いろいろお話をうかがっていると、会社などで叱責されて萎縮している人も多いです。
人は神様じゃないから完全ではないです。だから成長するし、お互いに許容し合うことも大切だと思います。
不思議なことに、同じことをしたとしても叱られる人と叱られない人がいます。
内容も、当然って思えることもあるけど、逆に褒めても良いんじゃないという不条理なこともあります。

叱られたりすると、人は感情で捉えてしまって萎縮をしてしまうことが多いです。
感情面が先に反応してしまいます。
関係性も関係しますが、威圧する空気に負けてしまうこともあります。
そして、自信を失ってしまう人も多いです。
もちろん、反論できる人もいます。
あるいは、反論したときのリスクを計算して言葉を飲み込んで、この場をどう収めるかに気持ちを切り替える人もいます。
だけど、例えば会社であれば「売上を上げろ」を持ち出されたら、逆らうロジックって難しいです...

叱られているときには、感情で捉えないように意識することも大切です。
人は理性より感情が先に反応してしまうことが多いので、意識をするようにレッスンは必要です。
なぜその人がこんな話を持ち出すかにフォーカスすると見えてくることもあります。
こういう話が出る背景。
叱るほうも、理性的な場合もあれば、感情的な場合もあります。
何かを伝えたい場合もあります。
会社であれば上司から何かを言われたのかもしれません。
相手を従わせることが好きな人もいます。
叱る方も、叱るスキルがある人とない人がいます。
感情的になると、上手に叱れないで、何も伝えられない人もいます。

心に響くような内容であれば、どこか感じ取れると思います。
だけど、なにか不条理や不快を感じたら、受け取る必要はないと思います。
人は、成長のためには叱ったり、叱られることも必要ですが。
必要ないことも多いと思います。
心を強く持つことが大切な時もあります。
負けないでね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

LINE@です。気軽に登録してください!
友だち追加
時々、いろんな情報を流していきます。(割引クーポンもあるかも)