ことわざと暗示

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

ことわざや格言など、好きな人多いです。
本当に良いことが書いてあることも多いです。
昔から途絶えないで語り継がれているから、物事を本質をついていることも多いです。
また、言葉として語呂が良かったり、使い勝手が良かったり、分かりやすいのも要因かもしれないです。

時代の変化や、環境の変化で使われなくなったり、少し意味が本質と変わっている場合もあると思います。
また、言葉によっては、違う意味で使われたりもします。
有名な例では、「情けは人の為ならず」という言葉がありますが、「誰かに情けをかけると巡り巡って自分に帰ってくる。」と言う意味ですが、「情けをかけることは、その人のためにならない。」という意味で使う人も多いそうです。

言葉は、言霊と言われるように、エネルギーがあると思います。
なので、言葉によって、人は何かに気がついたり、何かを見つけることが出来ます。
言葉には、強いエネルギーがある反面、その言葉に縛られることもあります。
「思い込み」であったり、「暗示」であったり、使い方によっては「呪詛」であったり、あるいは「洗脳」である場合もあります。

先日、知ってる方とお話させていて、セッションではないですが、悩み相談的になりました。
その会話の中で、その方は無意識に「二兎を追う者は一兎をも得ず」という言葉に縛られていました。
何かをするのに、必ずどちらかを諦めないとうまくいかないと思い込んでしまっていました。

選択な必要な場合もありますが、両方を選択できる場合もあると思います。
状況や環境によると思います。
両方を選択したいのであれば、最初に、両方を選択できる方法を模索する方向で考えることが大切だと思います。
そして、そのために行動を起こしてみることで、見えることはあると思います。
最初から、言葉に縛られてしまうと、どちらを諦めるかの選択になってしまって答えが出なくなることがあります。
あるいは、選択したとしても不本意だったり、後悔が残る場合もあります。

ことわざでも、格言でも、最初にどういう状況で誰から聞いたかという要因で、その言葉に知らず知らずのうちに囚われてしまっている場合があります。
思考する前に、その言葉に縛られてしまうことがあると思います。
まず状況や環境を視野を広く見ることが大切だと思います。
そして自分で考えてみることが大切だと思います。
自分が縛られてしまっていることに気がつくことは、本当に大変です。
難しけど、どんなことも鵜呑みにしないこと、
違う文化に接したり、違う分野にチャレンジすること。
続けて言うことが大切だと思います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加