狐の嫁入りとNo Rain No Rainbow

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように

お天気雨は不思議な現象ですね。
今朝はお天気雨にあいました。
狐の嫁入り」とも言われています。
なぜ、狐の嫁入りと言われているかは諸説ありますが、もともとは鬼火(いわゆる火の玉)のことを狐が人の嫁入りの提灯行列を真似して嫁入りをしたという話が不思議な話の代名詞となり、お天気雨も不思議な現象なので狐の嫁入りと言われるようになったという話。
病死した女性の無念が狐に乗り移って狐が嫁入りを人に見せるための話。
子狐が恩返しのために人に婚礼を見せる話。
人間に恋をした狐を生贄にした残酷な話。
他にも有名はお話では、平安時代の陰陽師・安倍晴明の母親が狐(葛の葉)であるとも言われます。葛の葉を主人公とした人形浄瑠璃および歌舞伎『蘆屋道満大内鑑』も有名です。
そんなふうに、狐の嫁入りはとても不思議なお話がたくさんあります。
昔は、狐さんがたくさんいて身近な生き物だったのだと思います。
だから、いろんな思いをこめた話ができたのだと思います。
狐はお稲荷さんでもあります。
そして穀物・農業の神様、食べ物の神様でもあります。
狐の嫁入りを題材にした神事も多いです。

そして、ハワイでは雨の後に虹が出ます。
「No Rain No Rainbow」ということわざがあります。
雨がふらなければ、虹は出ないよってニュアンです。
大変なことの後には、素敵なことがまっているという意味です。
お天気雨は不思議だけど、その後には幸せがやってきます。
空気もきれいなるし、日差しもきれいです。

虹を探したけど、そんなに雨がふっていなかったから無かったです。
それでも、絶対に素敵なことが来ます!

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。