ジャニス:リトル・ガール・ブルーを観てきました

ALOHA!
今日も雨模様ですね
台風は大丈夫でしょうか

今日も、みなさんが笑顔になれますように

ジャニス・ジョプリンのことを綴った映画、リトル・ガール・ブルーを観てきました
予告編のトレイラー見ただけで、涙が出ちゃった映画です

ジャニスは、神様からとてつもない何かを授かったシンガーです
60年代から70年代の、あの不思議な時代
公民権運動があって、ヒッピームーブメントがあって
少し前にビートニクがあって、フラワーチルドレンがいて

wp_20160916_16_55_57_pro

いろんな音楽のルーツをもったり、いろんな音楽が融合して、様々なジャンルのロックミュージックが生まれた時代、いろんな才能が花開いた時代、天才が現れた時代
ラブ&ピースの時代
酒とドラッグでいかれちゃった時代
ロックミュージックが巨額のお金を生み始めて、スーツを着た蛆虫どもが群がり始めた時代

奇跡が起きた時代
ほんの刹那な時代を駆け抜けていった一人です
27歳で夭折た3人のJって言われてます、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)、Jim Morrison(ジム・モリソン)、そしてJanis Joplin

高校生の時に、初めてジャニスを聴きました
その時には、すでにロックにいかれてはいたけど
ジャニスの歌を初めて聴いたときには、全身がしびれて、涙があふれてきた
そんな体験なんてしたことなかったです

音楽って、もし分解していくと、歌があって、曲があって、素敵なサウンドがあって、グルーブ感があって、ハートがあってとか
なにか、音楽という形で居続けるための枠があるけど
ジミヘンのギターもそうだけど、何かその枠を揺さぶったり、壊したりして
違う次元の何か得体のしれない表現しきれない何かを感じました
それは魂かもしれないし、もしくはそれ自体が命を持った何かかもしれません

ジャニスの歌はまっすぐに、すべての物を通り越して心に突き刺さってきました
あまりにも、生な感情が、そのまま、心に入ってきてしまって
受け止めきれなくて、ただ、涙が出てきたことを覚えています

そんな、ジャニスの映画です

wp_20160916_16_54_42_pro

ジャニスは、あまりにも純粋でキュートで繊細でエレガントだけど、自然で野生で、どこか、人間のルールを知らない妖精のような人です

ジャニスは、ただ、普通の幸せが欲しかっただけだったと思います
大切な誰かから愛される、普通の幸せ
だけど、ジャニスのことを本当にわかってくれる人がいなくて
男に捨てられたリ
だまされたり
傷ついて
愛を求めていたジャニス

ステージの上でたくさんの人と愛を交わして
だけど、ステージを降りるとジャニスは孤独と向き合って

ドラッグにむしばまれて、それでも止めようともしたけど

映画を観ながら
「お願い、誰かこの子を助けてあげて」
「お願い、この子を一人にしないで、わかってあげて、抱きしめて大丈夫だよって言ってあげて」
って、ずっと思ってました
ずっと、ずっと切なかったです

ステージのジャニス
伝説のモンタレーポップフェスティバルで、オーディエンスがスタンディングオベーション
ジャニスがロックシーンに刻まれた瞬間
映画を観ていて鳥肌が立ちました

ジャニスの歌は、永遠に永久に残ります
ジャニスが伝えたかった何かも
今でも、ジャニスが大好きで、ジャニスに憧れて、歌ってるシンガーはたくさんいます

自分の青春時代に、こんな素敵な音に触れることが出来て良かったです
ジャニスを聴くことが出来て良かった
ロックが大好きで良かったです

良かったら観てくださいね

最後まで読んでくださってありがとうございます
mahalo

僕はエンパシーで、ハワイの叡智の詰まったマナカードを使ってリーディングをしています
もし、心が動いたら、セッション受けてみて!
対面でもLINEやSkypeや電話でも大丈夫です。詳しくはこちらのページです

2017年6月10日(土)ご縁を繋ぐ癒しイベントレインボーハンズvol.8@新宿さんでリーディングをします
時間:10:00~18:00
場所:ヒルトン東京地下
東京都新宿区西新宿6-2

2017年6月18日(日)第2回TOCスピリチュアルフェスティバルさんでリーディングをします
時間:10:30~18:00
場所:五反田TOC
〒141-0031 東京都 品川区西五反田7-22-17