Gimme Shelter

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

先日、どこかでローリング・ストーンズギミー・シェルター(Gimme Shelter)が流れていました。
なんだか、久しぶりに聞いたけど、とても新鮮に聞こえました。
ローリング・ストーンズは、イギリスの伝説的なロックバンドです。
昔は説明なんて不要だったけど、今は、知らない人も多いかもしれません。
ストーンズは、イギリスの伝説的なロックバンドです。1962年から活動していて、すでに50年以上の歴史があります。
未だに、最高にかっこよいロックンロールバンドです。
メンバーは、知らなくても、名前は聞いたことがあるかもしれないミック・ジャガー、キース・リチャーズが有名です。
他にも、現メンバーのロニー・ウッドや、ブライアン・ジョーンズ、ミック・テイラー、綺羅星みたいなすごいミュージシャンが関わっていました。

ブライアン・ジョーンズの謎の死。1969年におこなれたオルタモント・フリーコンサートで演奏中に観客が殺害された事件「オルタモントの悲劇」。キースの麻薬問題。たくさんのエピソードにも彩られています。
ステレオタイプのロックバンドの不良のイメージを地で行っていました。
だけど、実際には、そんなイメージとはかけ離れたミックの卓越した時代を見据える目と、マネジメントの能力の高さがあります。
どんな音楽が流行っている時代でも、その時代の先端を行ってます。
僕自身は、他のバンドをよく聞いていたので、そんなに強烈なストーンズフリークではないけど、それでも本当にかっこよいと思います。

ちなみに、若い頃にとある本で、キースがインタビューの中で「鮫の歯」のペンダントをしているというエピソードを読んでから欲しくて、ずっと探していて10年ぐらい前に、やっとマウイ島で見つけて買って、ずっとしています。
時々聞かれる、僕の鮫の歯のペンダントの由来です。(笑

ギミー・シェルターは、そんなストーンズの1969年の曲です。
ベトナム戦争の影響のある時代のアルバム「レット・イット・ブリード」に収録されています。名盤中の名盤です。
ちょっとヒステリックだけど、どこかセンチメンタルなトーンのキースのギター。絶対にこんな音出せないです。

久しぶりに聞いたから、あらためて歌詞を調べてみました。
とても強い反戦の直接できで激しいメッセージです。

War, children, it’s just a shot away. It’s just a shot away.
子どもたちよ、ほんの一瞬で戦争は起きるんだ。
Rape, murder!It’s just a shot away
レイプも殺人も、ほんの一瞬で起こってしまうんだ。

この曲に参加したボーカルのメリー・クレイトンが凄まじい高音と音量で、「戦争」や「レイプ」や「殺人」という言葉をシャウトします。
それが胸に響きます。
だから、僕らにはシェルターが必要なんだ。(Gimme Shelter)
そんな内容の曲です。

この曲を聞いて、今の日本を思いました。
フレンチのお店に遅れないように急いでいて、車で何人も殺傷しても逮捕されない人や、レイプで逮捕されることを、政治権力によってもみ消される人。腐った権力。
この曲が作られた時代。だけど、本当はもっと前から、人は歴史からも何も学ばないで、決して成長していないのかもしれません。
だから、僕らにはシェルターが必要なんだ。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加