嫌な気持ちってどこからくるの

ALOHA!
今日は晴れてますね
気持ちが良い季節ですね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

生きていると、仕事でも、人間関係でも、嫌って気持ちになることは、あると思います
仕事行きたくないなとか(笑
誰かに会いたくないなとか、また、なんか言われるんじゃないかとか
不条理な人や、不条理な条件、不条理な関係
世の中には、どうしても存在してます
人のエネルギーを奪う人も多いです

ただ、それに対する耐性とか感度とか、感性がみんな違うから
同じ環境でも、平気な人もいるし、ダウンしています人もいます

時々考えるのですが、嫌な気持ってなんだろうって
例えば、一般社会の中で(物理的な暴力は論外だけど)ほとんどは、不条理に怒られたり、変な嫌味を言われたり、無理難題押し付けられるとかが多いと思います(一種の言葉の暴力もあるけどね)
あるいは、存在だけで嫌だったりとかね

もし、同じことでも関係性が違う相手に言われたりされたら、受け取り方も変わってくると思います
会社の上司に言われたら、萎縮しちゃうことを、関係無い人に言われても、不愉快ではあるかもしれないけど「なに言ってんの」で終わると思います
だから、言われる内容や空気感だけじゃなくて、関係性とか、そこから離れられない立場とかの要素って大きいです

言われた内容を、噛み砕いて分析していったして、不条理だったとします
どう考えても、自分が正しいけど、立場上は、自分が折れたりしないといけないとか
そうなると、心がすっきりしないです
理屈で考えたら、相手が悪いことってわかっていてもね
そういう「もやもや」って、理性ではわかっていても、感情が納得しないんだと思いますだから、そういう自分の思いに対して、誰かから共感されると元気になったりするしね

冷静に考えると、嫌な思いをするのってその場のその時間だけだったりもします
でも、人って、その気分を引きずるから、生活そのものに影を落としたりもします
気分転換が下手だと、なおさら切り替えができなくて引きずったりね

そういう嫌な気持ちって、対象と自分のエネルギーの関係なんだと思います
相手からのマイナスのエネルギーを受け取ってしまう
受け取らないといけない関係だから受け取ってしまう
もし、逆に自分のエネルギーが相手より大きかったら、きっとそんなに嫌な気持ちにならないんだと思います

前にも書いたけど、お釈迦様のこんな話があります

お釈迦様は多くの人たちから尊敬されて慕われてました
それをひがんでいる男が、お釈迦様をへこませたくて、お釈迦様に道で会った時に思いっきり罵って悪口を言いました
でも、お釈迦様は、ただそれを黙って聞いていました
そうすると、その男は悪口を言い続けて、疲れてしまいました
そして、お釈迦様はその男に言いました
「もし、相手に贈り物をして、その贈り物を相手が受け取らなかったら、それは誰のもだろうか」
その男は気が付きました
「自分のものです」

だから、なるべく、嫌なことをマイナスのエネルギーって概念で捉えて、受け取らないように修行中です
それでも、嫌なことは嫌だけどね(笑

最後まで読んでくださってありがとうございます
mahalo

僕はエンパシーで、ハワイの叡智の詰まったマナカードを使ってリーディングをしています
もし、心が動いたら、セッション受けてみて!
対面でもLINEやSkypeや電話でも大丈夫です。詳しくはこちらのページです

2017年6月10日(土)ご縁を繋ぐ癒しイベントレインボーハンズvol.8@新宿さんでリーディングをします
時間:10:00~18:00
場所:ヒルトン東京地下
東京都新宿区西新宿6-2

2017年6月18日(日)第2回TOCスピリチュアルフェスティバルさんでリーディングをします
時間:10:30~18:00
場所:五反田TOC
〒141-0031 東京都 品川区西五反田7-22-17