差別意識 エリック・クラプトンと山本太郎さん

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
クラプトンのヒット曲で、「アイ・ショット・ザ・シェリフ」と言う曲があります。
レゲエという言葉やジャンルをメジャーにした曲です。
461オーシャンブルバード(461 Ocean Boulevard)」というドラッグ治療のリハビリの後にリリースされたアルバムに収めされています。461オーシャンブルバードには、他にも名曲「レット・イット・グロウ」が入っています。
「アイ・ショット・ザ・シェリフ」は、ジャマイカの偉大なるミュージシャンでありカリスマ、ボブ・マーリーの曲です。
黒人を否定するということは、ブルースも、ボブ・マーリーも否定することになります。


もしかすると、どこかでクラプトンは自分自身を否定しているのかもしれません。
この差別発言の話で、クラプトンは、弱い人だってことが、あらためて理解できました。
クラブトンは、お酒にもドラッグにも溺れました。
この話を聞いて、今まで意識して考えなかったけど、差別意識の根底の中には、強い恐れや恐怖が眠っているように思えました。

もう一つ、聞いたお話は、政治家の山本太郎さんが、消費税に関する勉強会を立ち上げて(消費税を無くすことが最終目的)初回の勉強会の講師に高橋洋一氏を呼びました。
高橋洋一氏は、もと大蔵省の官僚です。ただ、隣国に対してのバッシングや差別的な発言をする人でもあります。
個人的には、氏のTwitterでの発言を見ても、賛同も支持出来ない人です。
そのため、山本太郎さんが、同じ志をもつ仲間や支持者から、非難されたり疑問を持たれていたりします。
多くの支持者が、混乱しています。。

山本太郎さんは、勉強会で誰を呼ぶかを話し合った時に、高橋氏をリクエストする声が多くて、また、知見のある人を呼ぶ必要があった為とYoutubeで説明しています。
僕自身はこの説明である程度は納得します。本気で政権を取りに行くためには、シビアにならないといけない部分もあるので支持します。
また、レイシストを呼んだということで、山本太郎さんを非難している支持者の方の意見も、とても共感します。
両方の意見がわかるので、どちらとも言えない内容かもしれません。
個人の価値観の中で、何を優先するかで、容認できること、出来ないことが出てくると思います。
山本太郎さんに対しての期待の大きさの裏返しかもしれません。
清濁併せ呑むではないですが、山本太郎さんが政治家として成長していく過程で、こういう軋轢はどこか仕方のないことなのかもしれません。

ある意味、政治家は、その人の期待を乗せていく職業なのかもしれません。
今の政権に失望している人たちが、期待を寄せているのが山本太郎さんです。
だけど、期待を寄せるだけで、自分の思いと少しでも違うと、裏切られたと思うことは、とてもセンチメンタルです。
少なくても自分たちの思いを伝えて、違う視点を与えたり、育てていくべきだと思います。
じゃないと、結局はヒーロー(あるいはヒロイン)の登場を待っているだけです。
自分たちの行動の先に、変化があると思います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加