マナカード 2018年3月31日満月

ALOHA!
満月と新月の時に、みなさんにお伝えするマナカードのメッセージです
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

2018年03月31日21時37分にてんびん座の満月です
今回のボイドタイムは03月30日15時58分~03月31日02時51分です
その時間はお願い事を避けてくださいね

今日の満月も1月に続いてブルームーンです
暖かくなってきて、お花見をされた方も多いと思います
また、この季節は新入学生や新入社員が街を闊歩して、環境が変わられる方も多いと思います
なので「はじまり」をテーマにでカードを引いてみました

33.
WA’A
ワア
(カヌー)
移動

古代のポリネシアではカヌーを使って海を縦横無尽に航海していました
古代ハワイアンも、カヌーに乗って、カヒキ(タヒチ)から渡ってきたと言われてます
別の説では、カヒキはプレアデス星団を意味するとも言われてます

当時は、羅針盤も、もちろんGPSもありません
ウェイファインディング(厳密には意味が違いますが、スターナビゲーションシステムと表現されることもあります)と言う、星や風、太陽、鳥、ありとあらゆる自然現象と人間の持っている本能を頼りに、太平洋を航海してました
高度な天文学と航海術の知識を持っていました
最近では、ディズニー映画の「モアナと海の伝説」でも紹介されたので、ご存じの方も多いと思います

ハワイでは、一度失われました
でも、ミクロネシアに受け継がれた航海術を学び、1976年にホクレア号によるハワイ・タヒチ間の航海が行われました
そして、2007年には、2001年のハワイ沖でのえひめ丸事故により亡くなられた人たちの「魂」をハワイから乗せて宇和島にも来ました

カヌーはハワイの人にとってとても特別なものです

このカードの意味は、移動することです
そして、大きな変化という意味もあります

新たな場所に行くことは、期待と不安を伴うことも多いです
また、以前の場所での別れを経験した方もいると思います
そんな、人生に何度か訪れる「節目のような経験」をされている方も多いと思います

古代のポリネシアの人達も、大海原に進んでいきました
新天地を求めた理由は諸説あるみたいですが、希望や恐れ、いろんなことを感じたり考えたりしたと思います
それでも、目標を定めて、自分たちの航海術、知識や直感、ありとあらゆる自然現象を捉えて、海を超えていきました

もし、なにか漠然と思うことがあったら、目標や進路として定めてみましょう
何もなかったら、日々をどう過ごすかなど小さなことでも大丈夫です
それは、なにか希望を持てるものや、自分がステップアップするものつながっていくと思います
そして、日々を過ごす時に感じること伝わってくること、直感を大切にしてください
それが、ヒントになります
自信と希望をもって、進んでいきましょう

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。