マナカード 2017年12月22日冬至

ALOHA
2017年12月22日は冬至です
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

冬至は日が一番短い日でもありますが、反面、これから日が伸びていく日でもあります
なので「兆し」という言葉をテーマに引いてみました

No.38
PAPA&WAKEA(パパ&ワケア)
苦闘/全体

ハワイの国生みの物語で、ハワイの島々は地母神パパと天夫神ワケアから生まれました。彼らの子孫である人間は、タロ(タロイモ)から生まれました。ハワイの人たちは、土地やタロと家族のように結びついてつながってます

ワケアは光の天空の男神、パパは大地と黄泉の国の女神です
パパとワケアに娘が美しい生まれました。ホオホクカラニ(星を作る神々しもの)です

しかし、ワケアはパパをだましてホオホクカラニと結ばれました
そこからタロが生まれました
そして、そこから人間が生まれました

パパ&ワケアは二重性や相対する苦闘や、自分たちの中にある男性面と女性面など、矛盾する面での緊張を表してます
ただ、苦しみや苦闘の中でそういった緊張を葛藤など全体を受け入れていくと、最後には新しい命が表れてくることを表します

冬至は、一番日が短くて翌日からは日が伸びでいくので、世界中で、太陽が生まれ変わるという考え方や、陰陽が入れ替わるという考えたなど、一つの変化のポイントだったり、節目だったりして、いろいろな行事やお祭りがされています

一年のこの時期は、慌ただしくて、周りを見回す余裕もなく日々を過ごしてしまうことも多いです
たとえ、自分が忙しくなくても、周りの空気に引きずられたり飲まれたりしてしまって、慌ただしさを感じてしまうこともあります
また、寒い時期だし、日照時間も短いし、風邪やインフルエンザが流行ったり、エネルギーが低下する時期でもあります

だけど、季節はめぐるし、人生もいろんな時期があって、どこか、落ち込んでいたり、元気がなくても、必ずチャンスは巡ってきます
また、順調なときでも、ステップアップするためのヒントが訪れたりもします
日々の中で、幸せになりたかったり、ちゃんと人生を生きたいがゆえに、葛藤したり、苦しむこともあると思います

パパ&ワケアのメッセージは、そんな日々の中で、兆しを探してみて下さいということ
言い換えると、希望をどこかに見いだせることが訪れるということを伝えています
希望を持って生きていきましょう

最後まで読んでくださってありがとうございます
mahalo

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます
ハワイの叡智の詰まったマナカードを使ったリーディングもしています
もし、心が動いたら、セッション受けてみてください
対面でもLINEやSkypeや電話でも大丈夫です。詳しくはこちらのページです