WordPress5と古いエディタへの戻し方とジレンマ

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

今日はITネタです。
このBlogでも使っているWordPressWordPress5にバージョンアップしました。
今の所、特に問題はないですが、標準のエディタが変更になりました。
エディタは文章を書くときに使うツールです。
WordPressでは、Blogの記事や固定ページを書くときに使います。
新しいエディタはGutenbergというプラグインで提供されていました。
テキストブロックという機能と言うか考え方で、ブロック単位で文章を作成して移動したり出来ます。
Gutenbergは操作性が結構変更になっていました。
今までのボタンがどこに行ったのかがわからなくて戸惑いました。
慣れれば使いやすいと思います。
画像は今までみたいに別画面に移動しなくてもアップロードが可能です。

ただ、僕の原稿の書き方だと少し悩みます。
いつも、僕は直接WordPressに文書を書かないで、秀丸エディタというテキストエディタで文章を書きます。
メモ帳アプリみたいな使い方で、ひたすらメモ書きみたいに書きます。
それをアップする前に少し書き直してからWordPressにコピペして整形して写真を貼り付けます。
そのために、新しいエディタのGutenbergだと、一つのブロック扱いで張り付きます。
その中に、画像を入れようとすると、ブロック分けをしながら数回に渡ってコピペをしないといけないのであまり使い勝手が良くないです。

なので、古いバージョンに戻そうとしたら、どうしたら良いかわかりません。
調べてみたら、Classic Editorというプラグインがあります。
プラグインの追加ページからインスールして有効化すると使えます。
一回書いた投稿や固定ページは編集するときに、どちらのエディタを使うか選択できます。
また、新規で作成するときにどうするか、Classic Editorの設定ページに標準のエディタをどうするか設定できます。

IT関係は次から次へと新しいものが出ます。新しいからといって全部が使いやすくなるとは限らないです。
それでも、使っているうちにバージョンが上がって気がつくと欠点が修正されて良いものに変わっていったりもします。
なので、古いものにこだわりすぎるのも、だからといって使いづらいものを使うのも難しいです。
把握して選択できれば良いのかもしれないですが、そこまで時間をかけて検証するのも難しいです。
逆に、最初にそれを触った人は、例え使いづらくてもそれしかなければそれで使っていきます。
でも、少しずつ慣れていこうと思います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

LINE@です。気軽に登録してください!
友だち追加
時々、いろんな情報を流していきます。(割引クーポンもあるかも)