梅酵素ジュース

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように

梅酵素ジュースを作りました。
酵素ジュースはネットを見るといろいろ意見があるみたいです。
まず、お砂糖を使うかどうかです。
マクロビオティックを実践している人は白いお砂糖は使わない人が多いです。
極力、精製されたものは使わないようしています。
メイプルシロップやアガベシロップなどを使ってます。
健康志向でお砂糖を敬遠する人も多いです。
ですが、ネット上に出ている作り方を見ると酵素ジュースでは上白糖を使うと良いと書かれているところが多いです。
根拠としては、「上白糖のような純粋な砂糖(ショ糖)は植物の細胞膜に浸透しやすいので中の成分を壊さずにその植物のエキス・酵素を引き出す事ができる。
発酵の段階で白砂糖はブドウ糖になるから問題ない。」とあります。

また、黒糖やてんさい糖などでは雑味が出るのであんまり良くないとの意見が主流です。
ただ、中にはご自身で実験して問題ないとのことを書かれている人もいます。
また、酵素ジュースですが、砂糖も使わないで、果物とお水だけで出来ると書かれているところもあります。
果物の持つ糖分で発酵して酵素ジュースになります。

ということで、言われている話を整理します。
糖分が発酵することで酵素ジュースが出来る。
発酵させやすいのは白砂糖。
分解するとブドウ糖になって無害になる。
雑味がなくて美味しいのも白砂糖。
砂糖なしでも酵素ジュースは出来る。
栄養学的なことや科学的なことなどの専門的な内容は、よく調べないと確かなことはわからないですね。
このまま発酵させると...だし。(笑
もう少し調べますね。

視点を変えると、砂糖を使うのって、手軽だったり美味しかったりという要素もあると思います。
ということで、あまり考えるのをやめて(笑)作ってみました。
白砂糖じゃなくて、精製されていない黒糖とてんさい糖を使いました。
梅は、穴を開けるって書かれているところが多いですが、他に凍らせると良いとあったので、やってみました。
梅を洗って、冷凍室に入れて取り出して自然解凍します。
解凍した梅は、組織が壊れて膨らんでやわらなくなります。
そのまま容器に黒糖とてんさい糖と入れてよく混ぜます。(ここはレシピ通りに梅に対して砂糖は1.1倍のです。)

呼吸が出来るように、容器にキッチンペーパーをかぶせて輪ゴムで止めて、時々かき回しました。
手についた常在菌により発酵が進むそうです。
数日すると泡が出てきて発酵していることがわかります。
なめてみると、最初は砂糖のもつ強さが来るけど、だんだんまろやかになります。

ということで、一ヶ月ぐらい寝かせてみました。
出来上がった酵素ジュースとても美味しいです。
炭酸水で割ると、すごく美味しいです。
使った梅も美味しです。
汗を書いたあとなどに、ちょっとしたおやつ代わりに食べうと良い感じです。
ということで、黒糖とてんさい糖を使いましたが美味しくできました。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。