小さい頃のスピリチュアルな記憶

ALOHA!
今日も晴れましたね
今日も少しは温かいですね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

とても個人的な話です
子供の頃に不思議な体験をした人って、実はそれなりにいると思います
だんだん、大人になるにつれて、忘れてしまったり、否定したり
子供って、純粋だから、ありのままで受け止められるけど、大人は常識って枠で考えて否定をしたりするからね

自分にとってのスピリチュアルな定義って、自然という定義と地続きです
自然にたいせする畏れや敬う気持ち、人の力ではどうにもならないこと
そういったものの延長上にあります
ハワイがスピリチュアルって言われていることと、概念的には近いと思います

昔は、日本にも妖怪がいました
それは、自然を畏れる気持ちの、ある意味のメタファーだと思います
昔話や、民俗学的にまとめられている伝承など、妖怪を扱った話って多いです
それは、昔の人が現代の基準から見て科学を知らないからではなくて、自然が豊かだったから、自然と感じることも豊かだったからだと思います
水木しげる先生が、現代を表して「妖怪がいなくなった」と言われてましたが、自然との共存のバランスが崩れてしまった現れだと思います

僕は、小さい頃の記憶ってほとんどありません
だけど、曖昧に覚えていることとで、誰にも話してないことを書きます
すごく闇が怖かったです
あと、やっぱり感受性が強くて、寝ている時に、自分の家の周りのことを感じられました
そして、何か得体の知れない存在がどこにるかも(大人の視点だと否定される対象で、本当かどうかも検証できないけどね)わかりました
何か、外の様子が、とても色濃く感じてました

小学校の頃は、かくれんぼが不思議でした
なんだか、隠れていると、近くに潜んでいる存在を感じられて、隠れんぼやってる人数より多いんだよね(笑

後、はっきり覚えている体験だと
小学校の時に校庭で、誰かに強く肩を叩かれたんだけど、後ろ見たら、かなりの範囲で誰もいなかった...
これは、怖かったです
まあ、小学校の校庭自体、いろんな存在を感じてたけどね

この話で、何かの存在を証明したりしようと言う意図はありません
僕にとってのスピリチュアルって、霊的な存在の定義はどうでもよくて、ましてや証明なんてどうでもよいです
いるかいないかもどっちでもよいです
感じたことをそのまま表すことです
それのラベルや意味付けは、人それぞれでかまわないと思ってます
大切なことは、感じられたことで、何か生き方や人生が豊かになれば良いと思ってます

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。