野田市市民会館とコスプレ

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

琴平神社に参拝した後に、なんとなく野田市郷土博物館に寄ってみたくなったので、行きました。
野田市郷土博物館は、大学生時代に発掘調査のアルバイトを行ったとき、発掘の道具や発掘した遺物を保管しているので、当時は良く行きました。

野田市郷土博物館の隣には、市内でもあまり知られていないですが、野田市市民会館があります。
市民会館というと、現代的だったり、古くても近代的な鉄筋建築を思い浮かべることが多いと思いますが、野田市の市民会館は、なんと木造の日本家屋です。
実は、なんどもCMやドラマのロケに使われているそうです。

野田市は、お醤油のキッコーマンが有名です。
野田市のお醤油づくりの歴史は古くて、永禄年間に飯田市郎兵衛という方が、溜しょうゆをつくったのが起こりであるといわれています。
1917年(大正6年)に野田の茂木・高梨一族、流山の堀切家が合同して「野田醤油株式会社」を設立したことが、現在のキッコーマンになりました。

野田市市民会館は、キッコーマン創業一族の茂木佐平治氏の大正13年頃に建築された邸宅が昭和31年に市に寄贈されたそうです。
野田市郷土博物館も、同様に寄贈されました。
なので、とても歴史のある建物です。

野田市市民会館は野田市郷土博物館の敷地から入れるので、庭に入ってみました。
とても広くて素敵な庭園です。
そしたら、なんとたくさんの若い女性がコスプレの撮影をしています。
地元で、市民会館で、若い女性がたくさんいて、コスプレを行っているって、なんだかとても不思議です。ちょっとシュールです。

そしたら、ちょうどボランティアガイドさんがいらして、お話をしてくださいました。
実は、野田市市民会館はコスプレのメッカだそうです。
市民会館なので、とてもお手頃な料金で借りられます。
しかも、とても絵になります。
ということで、人気があるそうです。

ボランティアガイドさんが、市民会館を案内してくださいました。
見学しながらお話を伺うと、市民会館は、格調高くて、とても贅沢な作りをしています。100年以上前に作られているのに、お湯が出たそうです。
建物がしっかりしているので、未だに歪んだりもしていないそうです。
建物の作りが、一つ一つ吟味されています。本当によく考えられています。
そして、単にお金がかかっているのでがなくて趣があって上品です。
きちんとした哲学や文化があります。
美しい大正硝子の窓から庭を見ると、なんだか、どこにいるのかわからなくなります。
ちょっとロマンを感じます。
もし、良かったら一度いらしてみてください。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加