決算処理と法人と個人事業主

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

なんどか書いてますが、僕は独立して事業を行ってます。
一人で事業を行っていますが、法人登記をしています。
8月が期末で10月末までに決算資料と税金を収める必要があり、伝票の入力がやっと終わって税理士さんに送りました。
僕と同じように一人で事業を行っている方で、個人事業主か法人にするかで迷っている方もいると思います。
少しでも参考になるかもしれないでの実情を書いてみます。

一人で事業を行う場合には個人事業主での独立が一番しやすいです。
税務署さんと各都道府県税事務所に届け出を出せば開業が可能です。
個人事業主と法人では、業種業態や売上や利益の規模でメリットやデメリットが出ます。
もし、あまり売上がないのであれば個人事業主のほうがメリットがあります。
個人事業主も青色申告と白色があって、少し利益がでるのであれば、申告書を作るのが大変ですが青色申告のほうが税金の控除額などメリットもあります。

僕自身は(税金やお金の面を考えると個人事業主でも良いのですが)お得意様で法人でないとお取引できないところもあるので法人にしています。
ハワイで外国法人として登記をして日本法人を作って日本支社として営業しています。(簡単に言うと、一人外資企業です。)
だけど、日本でも登記しているので、税金その他も一般の企業と同じです。

業務内容はIT系とカウンセリング系です。
IT系ではシステム開発(最近ではほとんどWeb系)とITの講師業、IT構築のコンサルティングが主です。
最近では、おかげさまでカウンセリングやスピリチュアルよりの仕事も増えてきました。
また、両方のお仕事をいただいているクライアントさんもいます。本当にありがたいです。

たとえ一人でも、法人の場合には決算処理が必要です。
ここが個人事業主と大きく違うことです。
個人事業主の場合には、給与所得がなければ確定申告だけが必要ですが、法人の場合には期末に提出する決算書、年末調整、個人としての確定申告が必要になります。
また、決算書も確定申告もいろいろなソフトウエアが出ていますが、決算書の場合には正直自力では難しいので、税理士さんにお願いする必要が出てきます。(少なくとも僕の頭では無理です。)
確定申告も大変ですが、法人にする前に個人事業主で活動していたときは自力でやっていました。
確定申告も個人で行うと知識がないので経費になるものを見落とす場合もあります。(脱税は絶対にいけませんが、節税は大切です。)僕はそうでした。税理さんにお願いすると費用がかかりますが、節税できる場合もありますので一長一短です。

費用面の話をすると、税理士さんにお願いするとそれなりにお金がかかります。他に法人の場合には、たとえ赤字でも法人税(国税と地方税の均等割)が必要です。千葉県野田市では両方で8万円です。
その他にも、法人にしているので国民健康保険と国民年金ではなくて厚生年金と保険です。
会社で同額を負担しなければならないので保険料が高くなります。(その分いただけるはずですが、国が年金の支給を遅らせようとしているので実際のところはわからないです。)
なので、たとえ売上が少なくても最低限出ていくお金はある程度必要です。
一人で売上もあまりない場合には、法人を名乗れる以外にあまりメリットはないです。
なので、もし、独立を考えている方は、メリット・デメリット両方は考えてくださいね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。