人に伝える難しさとメニューの悩み

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

人にきちんと何かを伝えることってとても難しいです。
イベントの時に施術のメニューを少し課題に感じてます。
僕は、カウンセリングが軸です。
カウンセリングを行うための手段で、スピリチュアルな能力を使います。
特に、人の感情をとらえることが得意です。エンパスと呼ばれています。
それは、あくまでもカウンセリングを行うための技術として使ってます。

ハワイのマナカードも使っています
リーディングするときの強力なサポートツールです。
直感で何かを捕まえるときの切り口を教えてくれたりします。
また、メッセージをお伝えするための切り口も教えてくれます。
絵もとても美しので、クライアントさんとのコミュニケーションツールとしてもとても重宝しています。
マナカードを使うことで、リーディングするときにずいぶんエネルギーをセーブすることが出来て助かってます。

マナカードは、占い的にも使えます。
なので占い的に使っているマナカードリーダーさんもヒーラーさんも多いです。
ただ、僕は少し違う使い方をしています。
カウンセリングが軸なので、占い的に当たる当たらないは、あまり重要視していません。
なので、占い的な問いかけをされてしまうときは説明をしてアプローチを変更していただいてます。

クライアントさんの心に寄り添ったり、どういう方向で進めばよいかということをお伝えしてます。
何がおきるとかの事象的な面も。僕は感情を読むことが入口になるので、こういう感情だから、行動の選択がこうであるという推測で間接的に組み立ててお伝えしてます。

ということで、いつもイベントでメニューと言うかコピーを決める時に自分の施術をどうやって表現するか悩んでます。
マナカードリーディングって書くと、どうしても占い的に伝わってしまうことも多いことに気が付きました。
なので、スピリチュアルカウンセリングと最近は書いています。
でも、それだと雰囲気的にスピリチュアルなことに視点が行ってしまう感じもして、少し悩んでます。
僕の場合には、霊視というよりは、カウンセリングを行うのに霊感を使っているという感じです。
だから、今度は霊感カウンセリングかエンパスカウンセリングにしようかなとも思ってます。
だけど、こういうキャッチコピーって語感とかわかりやすさとかニュアンスとかも大切だから、不思議と勝手に人が言い出したイメージのほうがしっくりきたりすることも多いですよね...

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。