お守り(MANO)とサイコメトリー

ALOHA!
今日は晴れましたね
気持ちが良いですね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

僕は、いつもマウイ島で購入した鮫の歯のペンダントをしてます
一見すると、ハート型にも見えるので、時々「なんですか」って聞かれます
個人的にはとても気に入ってます
そして、僕にとってのお守りです
若い頃に、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが鮫の歯のペンダントをしてるって雑誌で読んだのが心に残っていてマウイ島でみつけて購入して以来、ずっとつけています
また、不思議なエピソードなのですが、昔、モンゴルの狼の牙のペンダントを手に入れて、一緒につけていたら狼の牙が真っ二つに折れました...MANOが勝ったんですね

鮫はハワイでは神様でハワイ語では「MANO」です
マナカードでは9番のカードで、正位置・逆位置で意味の変わる5枚のうちの1枚です
正位置での意味はリーダーシップ、逆位置での意味は欲望です

ハワイは海に囲まれているので、鮫(MANO)は畏怖の対象でもあり、恐怖の対象でもあります
そのために、守り神ともされているし、アウマクアと呼ばれて、MANOを祖先としている人達もいます
鮫の物語では、鮫の王カモホアリイはペレの兄弟姉妹でペレがとても尊敬する長男です
カモホアリイは美しい人間の女性を見初めて結婚して、子供をもうけます
その子供ナナウエの背中にはサメの口がありました
肉の味を覚えてしまったナナウエは人間を襲うようになって、最後には殺されてしまうというお話があります

そんな、MANOのペンダントを、先日のイベントでご一緒した、ものすごい能力者「魂の外科医と呼ばれているリミエル・サーシャ」さんが、雑談してる時にサイコメトリーをしてくださいました
サイコメトリーとは、物質や物体に残る残留思念を読み取ることです
そしたら、このMANOのペンダントは、僕を守ること、僕の心を強く保たせることをしているそうです
たしかに、何かをしようとする時、特に緊張感をもってするときには、このペンダントを握ることが多いです

リミエルさんの能力すごいわ!!
僕もサイコメトリーやってみようかな(本当は出来るんだけどね:笑)メニューに加えようかな

今まで、慣れてしまっていたけど、あらためて護ってくださることに感謝です
僕にとっても、ある意味アウマクアかもしれないですね
個人的にですが、そして立証は出来ませんが、日本とハワイ、古代には同じ文化圏から別れたと思ってます
美意識や感性の中に、そして一部の神話の中に感じます

ついでに、10年前のマウイ島の写真も載せますね
今は走っていないシュガーケイントレインとかの写真
だけど、嬉しいことに今年のホリデーシーズンは走るみたいですね!
あと、ハレアカラで撮ったオーブの写真です

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。