玄米びっくり炊き

ALOHA!
今日は晴れましたね
風が強いから寒いです

今日も、みなさんが笑顔になれますように

玄米のびっくり炊きにチャレンジしてみました
ちなみに、お米は、この間稲刈りに行った木島平村の新米です(Yeah!!
ちょっと備忘録的に書きます
普段は、圧力鍋で玄米を炊いています
友達が、柔らかい玄米を食べたいと言うので、いろいろ調べてみたら、こういう炊き方があるみたいなので試してみました
びっくり炊きは秋田地方に江戸時代から伝えられてきたと言われてます
途中でさし水をするので、びっくり炊きと言われています
さし水で、玄米のからが破けて柔らかく炊けるみたいです

特徴やメリットですが、圧力鍋がなくても、普通のお鍋で炊けます
比較的短時間で炊けます
コツを覚えれば簡単に炊けます
美味しいです

 

炊き方です
1.水洗いして玄米を鍋に
2.水を入れます(お米の1.2倍から1.5倍ぐらい)
3.蓋をして強火で20分ぐらい(パチパチ音がするまで)
4.音を少し聞いたぐらいで水を投入(お米の0.2倍から1.2倍ぐらい)
5.吹きこぼれるまで強火で(放置したら吹きこぼした...たぶん10分ぐらいかな)
6,弱火にして15分ぐらい(※もう少し時間かけても良いかも)
7.火を止めて適当に蒸らす

自分でやってみて、失敗したところとコツです
1.あんまりよく見ないでいつもの感じで3合で試してしまいました
だけど、むらが出て、固いところも残りました
なので、1合とか少量で炊くことが良いかも
2.ぱちぱち音がした時に、どこまで引っ張るかもポイントだと思います。それによって皮が破ける割合が違うと思います
3.水を入れてから吹きこぼれるの意外と早い
4.水を入れたあとの弱火の時間はもう少し長めだともっと柔らかいかも

それでも、食べてみましたが、柔らかく炊けます
すごく美味しいです
慣れると、すごく簡単だと思います

翌朝、お鍋を洗ったら、いつもよりお米のデンプンの付着量が多かったです
なので、確実に柔らかく炊けてます!

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。