ソースコードを書いているときと占いと

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

今日は、ちょっと独り言みたいに書きます。
最近は、有り難いことに仕事に追われています。
忙しくて大変だけど、本当にありがたく思います。
人は、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の諺ではないですが、今の自分の状況に合わせて、ものを感じることができます。
なので、別の状況のときにどんなことを感じたか、どんなことを思ったかを忘れてしまうことがあります。
同じ自分自身であっても、自分自身への共感がわからなくなる状態になることがあります。
自分自身であったとしても共感ができなくなるということは、他者に共感することは、同じような状況や感覚であれば共感しやすいと思いますが、感覚も状況も離れていると難しいときもあると思います。


それでも、人は、共感を求めます。
自分のことってわかってほしいものね。
共感ってとても大切だけど、時に難しいことでもあると思います。

今は、IT系の仕事で忙しいです。
毎日、プログラムを書いています。ソースコードを書く日々です。
カウンセリングの時の感覚と全然違います。
おそらくだけど、プログラミングをしているときと、カウンセリングをしているときでは、脳の使っている部分が違うんだと思います。
また、心の使い方も違います。

ソースコードは正しい文法で書かれていないと動きません。
そして、どのようにしたら適切に動くのか、効率的に動くのかという、ロジック部分の組み立てが大切です。
そして、そのロジックを適切に動かすための構造化が大切です。
ということで、ソースコードを書いているときは、頭はとても理論的に動いています。
それでも、実は、難しいことを実現するためには、ひらめきが大切なので、右脳も使います。
また、他のことをしている時間の多くも、脳の数パーセントは、プログラムを考えています。寝ているときもです。

だけど、カウンセリングや占いを行っているときは、プログラムのことは考えません。
それだけ集中して、違うことをしているんだと思います。
最近は、慣れたけど、頭のぜんぜん違うところを使うから、最初は苦しかったです。
今は、切り替えができるようになりました。
それでも、プログラムのことを考えている時間が多いと、心が動くことを割り当てられる好奇心に使うエネルギーが少なくなりますね...
しばらく大変だけど、がんばります!

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加